2017年10月16日

認知の低下をやわらげるTBS「夢の扉+」で特集され大注目のプラズマローゲンとは?

認知の低下をやわらげるTBS「夢の扉+」で特集され大注目のプラズマローゲンとは?


┏┓
┗■ 1. TBS「夢の扉+」で特集され大注目のプラズマローゲンとは?
 └──────────────────────……………‥‥‥‥‥‥‥
 
このところ、TBS「夢の扉+」で特集され、以降注目を集め続けている

「プラズマローゲン」という名前を聞くことが増えたのではないでしょうか?

プラズマローゲンは。。。


認知の低下をやわらげる成果が認められています!


■point1 老廃物を排出させる作用があります。

プラズマローゲンとは、体内に存在するリン脂質の一種です。
近年の研究で、基本的な知的機能にプラズマローゲンが関わっていることが明らかになってきています。

プラズマローゲンが自らが身代わりになり、老廃物の蓄積を減少させたという報告もあります。


■point2 長期的な摂取により新しい回路を作り出すことを促すと言われています。

プラズマローゲンは減りやすい性質の為、継続が知的健康維持のカギとなります。
そして、長期的に続けることで新しい回路を作り出すことが期待できます。

ところが。。。。プラズマローゲンは実際の食事から取り入れることが難しいのです。

そこでプラズマローゲンの高純度サプリメント化に成功した「プラズマローゲン」がおすすめです。

以前の材料であった鶏むね肉よりもより人に近いプラズマローゲンが豊富に含まれている

ホタテ貝より成分を抽出。

国産のホタテ貝から抽出し、※GMP認定工場での生産で安心です!

※弊社のプラズマローゲンサプリメントは、プラズマローゲンの成分のみを特別な方法で抽出しているため、
貝毒は含んでおりません。



┏┓
┗■ 2. 2025年にはなんと700万人に!65才以上の2割が要介護認知症に!?
 └──────────────────────……………‥‥‥‥‥‥‥

厚生労働省の調査によると、2025年には要介護認知症患者が全国で65才以上の2割、約700万人を超えると
推計されています。また高齢化の影響もあり、その数は今後も増え続ける傾向で、2012年の
1.5倍に増加すると言われています。

認知症の原因としてはアルツハイマー型認知症が最も多いとされています。
アルツハイマー型認知症はストレス過多、加齢によるアミロイドβタンパク質の蓄積で脳が委縮して発症します。

現代の治療において、残念ながらアルツハイマー型認知症を完全に治癒させることはできていません。
症状の進行をできるだけ抑えることにとどまっています。
早く気付いて医師に相談し治療を始めること、認知症のリスクを日ごろから抑えることが対策として必要となります。

------------------------------------
プラズマローゲンの積極的な摂取で認知機能対策へ期待
------------------------------------

「プラズマローゲン」は脳にもともと含まれているアタマの健康に不可欠な栄養素の一種である
リン脂質の18%を占める成分で、高齢化社会の知的健康を保つための切り札として今大きな注目を集めています。

【高純度「プラズマローゲン」】は、商品自体のターゲット層は「うっかり」することが徐々に
増えてくる60代ですが、実際は40代〜で親の認知症を心配する方の購入がとても多いのが特徴です。



┏┓
┗■ 3. 認知症症状の改善に関する、大学研究チームの作用試験結果がメディア掲載され話題に!
 └──────────────────────……………

九州大学名誉教授の藤野武彦医師を中心とする研究チームが60〜85歳の軽度ADと
軽度認知障害(MCI)の328人を対象に、全国25の施設で作用試験を実施。

半年間、半数の方々に毎日

「ホタテから抽出したプラズマローゲン」

を混ぜたゼリーを食べてもらった結果、食べなかった方々より、
認知機能に関するテストの点数が明らかに上昇したという結果になりました!

この結果は医学雑誌「EBioMedicine」や新聞にも取り上げられ、大きな注目を集めました。
それ以来プラズマローゲンの検索数が急上昇しています!

詳しい内容はこちらからご確認いただけます。







posted by 美健マスター at 11:03| ●認知症の予防・改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

NHKやTV番組、多数メディア掲載!高齢者専用サプリメント【プラズマローゲンEX】


gb2_fv_02.jpg


NHKやTV番組、新聞など多数メディアで取り上げられた
話題のプラズマローゲン配合のサプリメントです。

認知症にお悩みの方、ご家族の介護にお悩みの方のためのサプリメントです。
家族の負担にならないよう、コストを抑えて継続いただける価格のようです。
プラズマローゲンの特許を6件取得し、国内GMP認定工場で製造されているので、
低価格でも高品質みたいですね。

TBSテレビ「夢の扉+」(2015年2月8日(日)18時30分〜放送)で、
プラズマローゲンが高齢化社会の問題(認知の低下)を解決し、
子供たちに明るい未来を開く内容が報道されました。


動画があるのでのせますね。(音声つきです)




興味のある方はこちらのサイトからどうぞ。

TVで話題のプラズマローゲン





posted by 美健マスター at 14:59| ●認知症の予防・改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症の原因と特徴について


認知症の原因と特徴について


認知症と老化によるいわゆる「ボケ」とは、どのようにちがうのでしょうか。
老化による物忘れは、体験した事柄の一部を忘れますが、
認知症では、体験した事柄自体を忘れてしまうことです。
たとえば、今朝たべた食事の内容(つまり何をたべたか)を忘れたのは老化による物忘れですが、
認知症は、食べたこと自体を忘れるということです。

では、認知症になる原因はどういうものがあるのでしょうか。
認知症は脳の障害が原因で起こりますが、加齢によっても起こるので、
老化に原因があるとばかりはいえないようです。
しかし、老化によって認知症になるひとの割合は多いようです。
認知症を起こす病気は数十種類もあるそうで、
たとえば、アルコール依存症や肝臓の病気でも、認知症になることがあります。


認知症の特徴としては大きく3つあるようです。

アルツハイマー型認知症。
これはレーガン元米大統領がかかったことで有名になりましたね。
ほかに、レビー小体型認知症と脳血管性認知症があります。


アルツハイマー型認知症の特徴は以下のとおりです。

・女性に多い
・機能の低下が全体的に進行する
・物忘れの自覚がなくなる
・感情表現が乏しくなる
・意味のない動作を連続して行ったり、つぶやくことが多くなる
・画像診断で脳の委縮がわかる


▽早期に発見して適切な治療をすることにより、病状が改善したり、遅らせたりすることができるようです。


レビー小体型認知症の特徴は以下のとおりです。

・男性に多い
・機能の低下が全体的に進行する
・筋肉がこわばったり、小股歩行をしたり、動作が緩慢になってくる
・なまなましい幻覚をみる
・被害妄想をよくする
・画像診断で脳の委縮が軽い

▽このレビー小体型認知症の判断はむずかしいそうです。
 早めに専門医にかかったほうがよいです。


脳血管性認知症の特徴は以下のとおりです。

・男性に多い
・機能の低下はまだらに起こる
・からだの麻痺やしびれがでてくる
・言葉をしゃべるときに、しゃべりにくくなる
・症状が変わりやすい
・画像診断では脳梗塞などの病巣がある

▽この脳血管性認知症は、画像診断で脳血管障害が発見されることが多いので、ほかのタイプの認知症とくらべて診断ができやすいようです。


「軽度認知障害」早期リスク判定検査というものがあります。

▼軽度の段階であれば予防は可能!
 血液だけで分かる【軽度認知障害リスク判定検査】

▼日本全国700施設以上の医療機関で受検が可能です。
 軽度であれば間に合う「認知症リスク」をお近くの医療機関で
 医師のカウンセリングまでサポートしてくれる血液検査だそうです。

「軽度認知障害」早期リスク判定検査



posted by 美健マスター at 14:24| ●認知症の予防・改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。