2017年11月12日

アレルギー体質、皮膚炎、かゆみ、湿疹・アカギレの症状を内側から改善

アレルギー体質、皮膚炎、かゆみ、湿疹・アカギレの症状を内側から改善

薬剤師、美容皮膚学の薬学博士が監修。12種類の生薬配合の第2類医薬品。


このような症状の方にオススメです。

・アレルギー体質、皮膚炎でお困りの方
・かゆみ、炎症、アカギレで皮膚のトラブルでお悩みの方
・6歳以上のお子様の皮膚のかきむしりにお悩みの親御様
・ステロイドを使用したくない方


薬剤師、薬剤博士監修の第2類医薬品のため、効果・効能は確かです。

安心の90日間返金保証付きとなりますので、皮膚の炎症、かゆみに悩まれている方はいちどお試しになられてはいかがでしょうか。

かゆみ・炎症・アカギレに
澄肌漢方堂【第2類医薬品】







posted by 美健マスター at 17:18| ●アレルギー体質を改善する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

アレルギー体質を改善する方法


アレルギー体質を改善する方法

花粉症やアトピー、ぜんそくなど、現代病といってもよいアレルギーですが、アレルギー体質はふつう治らないといわれています。
しかし、アレルギー体質を改善する方法もあるということなのでいろいろしらべてみました。

アレルギーがどうして起こるかというと、こうなります。
私達のからだには自分のからだを守るためにさまざまな免疫システムがあります。
そのなかに、T1、T2細胞があります。
T1は体内に侵入してくるウイルスや細菌を撃退して、T2はそれ以外の異物の撃退が役目です。
しかし、この2種類のバランスがくずれてT2が多くなりすぎるとアレルギー症状がでると考えられています。
 
そしてこのT細胞をT1にするかT2にするかを決めるのが樹状細胞だそうです。
この樹状細胞は、体内に侵入してくるウイルスや細菌をすばやく検知して、T細胞をT1に育てる事だそうです。

こどもの免疫力を高める【こどもバナナ青汁】
 

T1細胞をふやしてくれる食べ物

それでは、アレルギーにならないためにはT1細胞をふえればいいわけなので、T1細胞をふやしてくれる食べ物とかないのかなとしらべてみたらありました。
発酵食品のなかに、少しだけですが、T1細胞を増やす効果があるのではないかと考えられている食べ物があります。
 
それは、納豆やヨーグルトなどです。
発酵食品そのものは、腸内細菌を元気にしてくれるので、アレルギーが出にくい体質にする効果が期待できるのではないかと考えられているそうです。
ぬかづけもありましたが、ぬかづけはT1だけでなくT2も増加させるという結果だそうです。
 
いずれにしても、発酵食品がアレルギー体質の改善に少しでも効果があるようなので、毎日の食事に納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂るようにするのが良いと思います。


漢方薬もアレルギー体質を改善できるのか

漢方薬もアレルギー体質を改善できるのかしらべてみました。
漢方の白虎加入参湯(びゃっこかにゅうしんとう)はアトピーのかゆみを改善する効果があるそうです。
 
また、梔子柏皮湯(ししはくひとう)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、補中益気湯(ほちゅうえききとう)などにはT1細胞を増やす効果が認められたそうです。
 
ただ、漢方薬は個々の体質により投与する量が違っていたり、体調によっては使えない場合があるので注意が必要です。
かならず専門医の診察を受けて正しい処方を受けることが大切という事です。


つらいアレルギー体質・皮ふ炎に効く
澄肌漢方堂【第2類医薬品】


posted by 美健マスター at 10:09| ●アレルギー体質を改善する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。