2016年11月27日

セルライトと自律神経の関係について


下半身痩せのためにも、

できてしまったセルライトをどう撃退したらいいのか。



セルライトのできないライフスタイルとは

どのようなものなのでしょうか。



ここではセルライトと深い関係にある自律神経に注目しながら

セルライトの撃退法を見て行きたいと思います。



自律神経は自分の意思とは関係なく働いている神経で、

生命の維持に大切な機能をたくさん司っています。



また、ホルモン、免疫、セルライトともかかわりの深い

代謝のコントロールをしているのも自律神経だそうです。


ミネラルボディシャインジェル



自律神経の不調には、加齢や、文明社会の発達とともに

その働きが鈍っているなどの原因がありますが、

昔なら夏は暑く、冬は寒いというのがあたりまえだったため

自律神経をうまく鍛える事ができましたが、

現代ではその働きが鈍る原因が多くなってしまったそうです。



自律神経のはたらきが悪くなると、

生理不順、更年期障害、花粉症、太りやすくなるなど

身体の不調が次々と出てくるそうです。



自律神経の代謝に問題が出てくると

セルライトがつきやすくもなってきます。








自律神経を整える対策としては、

「自然のリズムにあわせた生活スタイルを作る」、

「朝の温冷シャワー、夜の半身浴で自律神経を切り替える」、

「自律神経を整えるエクササイズ」、

などがあるそうです。



下半身痩せを妨げる原因でもあるセルライト、

自律神経の乱れが大きく関わってくるようですが、

身体だけでなく心のケアのためにも日頃から

自律神経が整うような生活を心がけたいものだと思います。



累計85万本!満足度95%!

太もも・ふくらはぎ・お腹・二の腕も

超温感+4大引締め成分で翌朝スッキリ









posted by 美健マスター at 17:26| ●セルライトを予防しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルライトの予防について


セルライトについていろいろと書いてきましたが、

ではセルライトを予防するにはどうしたらよいでしょうか。


生活習慣を改善することが

セルライト予防には欠かせない大事なことです。



前にお話したように、

脂肪と老廃物が結合するとセルライトができあがりますが、

そうしないためには、

食生活を見直して、

太らない食事や血液の循環を促すような運動が必要になります。



【塗るガードル】マッサージしながら塗るだけ!3Sボディクリーム



それからセルライトができやすいといわれる、

太腿やふくらはぎ、お尻などには

マッサージをよくやって血行を良くすると良いでしょう。
 


セルライトを予防する商品もたくさんありますが、

お手軽なところではストッキングや靴下などの下着で、

むくみができにくくなるような形のものがいいです。

そしてセルライトの原因にもなっている冷え性を防ぐことも大切です。








それから食生活で注意したいのが食品添加物です。

これは体内で老廃物となることが多いので

できるだけ控えるようにしたいです。



糖分や脂肪分の摂り過ぎにも注意しないといけないので、

レトルト食品やスナック菓子などのジャンク食品には

糖分や脂肪分がたくさん含まれているので、

そういった食品も執らないようにしたほうがよいですね。



できるだけ無添加の自然食品を食べるようにすると、

バランスのとれた食生活ができるので

セルライトの予防につながります。



当たり前のことですが、

適度な運動や規則正しい生活を送るように心がけると、

セルライトの防止にもなります。



太ももが気になってショートパンツや

スキニーをはけないあなたへ!

美脚ホットマッサージジェル【ルナパルテ】

詳細はこちらから↓







posted by 美健マスター at 17:06| ●セルライトを予防しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルライトの原因


セルライトの原因は前にも述べましたが、

血行が悪い事から起こりますが、

それ以外にも、

運動不足や加齢、

むくみや冷え性などもセルライトの原因になっています。



運動不足や加齢によりからだの血行が悪くなりセルライトができます。

むくみも冷え症もセルライトの大敵です。

血行が悪いところにセルライトができるので、

下半身に集中しています。



たとえば、太腿やお尻、ふくらはぎなどですね。

セルライトと脂肪細胞との関係についても前に書いたとおり、

脂肪細胞の脂肪蓄積量が増えてくると

体脂肪率があがって肥満につながりますが、

脂肪細胞はその数がいったん増えると、

なかなかなくならないのが厄介です。



【リンパマッサージセルライトスパッツ】



いくらダイエットをして痩せたようにみえても

脂肪細胞の数はなかなか減らないので、

ダイエットだけではセルライトの除去ができないというのはそのためです。



だから、セルライトを取るためには

継続的にやらないといけません。




脂肪細胞は若いときだけでなく、

或る程度の年になっても増えるようですので、

運動不足になるとセルライトができる原因につながるので、

そのことを考えて、

簡単なエクササイズでもいいですので、

日頃からちょっと体を動かしてみましょうか。








posted by 美健マスター at 16:47| ●セルライトを予防しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分では知らないうちにセルライトができていることがある


セルライトとという言葉をよく耳にするようになりましたが、

セルライトを一言でいうと、脂肪のかたまりのことをいいます。

脂肪のかたまりというと、それだけで悪いイメージがわきますね。


どういう具合にセルライトができるかを説明しますと、

まず、血行が悪くなると、

皮膚の下にある脂肪細胞の新陳代謝機能が衰えてきて、

脂肪細胞を代謝、つまり排出しにくくなり、

脂肪細胞がたまってきて肥大化してくるというわけです。


こうしてたまってきた脂肪細胞が老廃物と絡み合ってくるんですね。

そしてそれがセルライトというものに変わってくるというわけです。



むくむく・パンパンでお悩みの方必見★4大特典付き83%OFF



セルライトをじっさいに見たことがありますか?

脂肪部分が厚くなるので、肌の表面がでこぼこしてきます。


セルライトの症状が悪化してくると、

肌の表面が蜜柑の皮のように見えるぐらいになることがあるそうですね。


なんでも、それをオレンジピールスキンと呼んでいますが、

ただ、肌の表面がでこぼこしてくのはセルライトの症状が悪化してからなので、

まだ、できてないひとはセルライトができないように予防しましょう。



でも、自分では知らないうちにセルライトができていることがあるようです。


見た目にはわからないのでいつのまにかできるようなので、

きちんとした除去方法をとる必要があります。


というのは、ふつうのダイエットだけでは

セルライトを解消できないからなのです。



理想スタイルの安心成分をぎゅっと凝縮サプリ!★4大特典付き83%OFF



セルライトは私たちのからだのなかでも、

皮下脂肪の多い太腿やふくらはぎやお尻などの部分に特にできやすいですが、

セルライトは女性に多く、

女性の8割のひとにセルライトがあるといわれているそうです。


そのほかの部分ではお腹や顔にも

セルライトができることがあるのでとてもいやですね。

セルライトは血行が悪くなるとできることから、


日頃から運動不足になりがちな成人女性は特に注意して、

運動不足にならないように心がけるとよいですね。






posted by 美健マスター at 16:18| ●セルライトを予防しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。