2017年12月24日

風邪の時、お風呂は入っても大丈夫?

風邪の時、お風呂は入っても大丈夫?

ホントは入らない方が良いとは聞くけれど、汗もかいてキモチ悪いし・・・ということもあるはずです。
確かにできれば入らない方が良いが、熱がおよそ38度くらいまでならば、入っても大丈夫。

ひき始めの時には、40〜41度のやや高めのお風呂にサッと入る。
汗や皮膚についた水分は身体を冷やしていまうので、出たらすぐ身体をよくふく。
頭は洗うと冷えやすいので、洗わないで我慢した方が良いが「どうしても」の時には、身体と同様、早く乾かすことが大切なので、すぐドライヤーをかけましょう。
もちろん高熱の時には、お風呂は厳禁です。


汗をかけば風邪が治るのでしょうか?

正しくは「汗をかくと治る」のではなく「汗をかくと治り始めのサイン」です。
無理矢理汗をかかせて、サインを早く出しても、実際に身体がウイルスに勝利していなければ、意味がありません。
むしろ体力を消耗するだけ。

ストーブをガンガン焚くなどは、止めておきましょう。
ただし冷やさないことは大変重要でなので「暑く」ではなく「暖かく」しておきましょう。
もちろん薄着はダメです。
その時、汗をかいたら、身体が冷えないよう、こまめに着替えたり、汗をふくようにしましょう。


こたつで寝ると風邪をひく?

「風邪には冷やさないことが大切」となれば、一晩中暖めてくれるこたつは良いようにも思えます。
他にも電気カーペットや電気毛布などを使っている人もいるでしょう。

人間が熟睡するには、昼間よりも体温が下がっている時の方が眠りが深くなると言われますね。
しかし、こうした電気の暖房器具は体温よりも高い温度で暖めるようにできています。
すると本人は眠れたつもりでも、実際には熟睡できていないので、身体は疲れてしまい、風邪にかかりやすくなってしまいます。


冬は厚着をした方が風邪をひかない?

特に寒がりの女性の場合、冬といわず夏でも靴下や手袋をして寝る人もいます。
当然、寝巻きは何枚も重ね着状態・・・。そこまで行かなくても「暖める」ことを考えると、冬は着込んで寝る人も多いでしょう。

しかし厚着をすると肌の新陳代謝が悪くなり、抵抗力が弱まってしまいます。
特に手足は温度感覚のアンテナともなる場所なので、温度差に対する身体の順応能力が悪くなります。
手足・身体がどうしても冷えてしまう人の場合、普段からウォーキングなどの有酸素運動で、脂肪が燃えやすい身体づくりをしていくと、血行が良くなり、冷えも改善されます。

------
ウイルス対策にはマジックボール♪


posted by 美健マスター at 09:28| ●風邪・インフルエンザ予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

インフルエンザに強くなるためには




白血球の中のリンパ球がインフルエンザへの免疫力を左右する

インフルエンザに強くなるためには、いったいどうしたらよいのでしょうか。
それについていろいろしらべたことをかいてみたいと思います。
周囲のひとでいつも風邪をひいているひとと、まったく風邪をひかないひとがいることに気づいたことはありませんか。
そのちがいはというと、白血球の中のリンパ球に原因がありました。
このリンパ球の割合が多いひとほど、風邪を引きにくい体質のようです。
つまり、白血球の中のリンパ球がインフルエンザへの免疫力を左右するということです。


リンパ球を増やすためには

リンパ球は体内に侵入したインフルエンザウイルスなど、異物を排除するのが役目です。
だから、このリンパ球がしっかりと能力を発揮すればウイルスを退治できることになります。
風邪を引きにくいひとのリンパ球は、引きやすいひとに比べ、リンパ球の比率が高い。
理想のリンパ球比率は35%ぐらいだそうです。

風邪を引きやすいひとはリンパ球が少ないということがわかっています。
では、リンパ球を増やすためにはどうしたらよいのでしょうか。
それにはストレスや夜更かし、偏食を避けることだといわれます。

いらいらしたり多忙な生活はリンパ球を比率を下げることがわかっているそうです。
そうだとわかっていてもなかなか実行できないのが現代の生活です。
でも、ストレスをやわらげてリラックスさせる方法を自分なりにみつけ、夜更かしをすこしでもへらしたり、偏食も半分ぐらいにするとかはできそうですね。




風邪をこじらせないために

みなさんもよくご存知のように、風邪でほんとうに困るのは、風邪をこじらせたときですね。
治りかけの養生がこじらせないコツですが、こじらせる原因は風邪が治りかけのときに無理をしたり、細菌の多いところに出かけたりしたりしたことなどといわれます。

これはどういうことかというと、リンパ球はウイルスを退治しますが、細菌を退治するのは顆粒球といわれるものだそうです。
この顆粒球は細菌を退治するときに多くの活性酸素を使います。

この活性酸素が多過ぎると体まで痛めつけるのだそうで、これが二次感染といわれるような症状の原因となるようなのです。
風邪が治りかけると、リンパ球も顆粒球の比率が元にもどろうとしますが、そのままリンパ球が減って、顆粒球がふえると風邪をこじらせた状態というものだそうです。
だから、熱が下がっても油断せず、しっかりと休むのが風邪をこじらせないための方法ということですね。

posted by 美健マスター at 12:29| ●風邪・インフルエンザ予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

新型インフルエンザに感染したときに


新型インフルエンザに万一、感染したときにはどうすればよいでしょうか。

一般的には次のことをするとよいといわれます。


原則として外出は自粛します。

水分をよくとって、ゆっくり休みます。(脱水症状をさけるためです)

健康な方なら、約1週間で自然治癒する場合もありますが、

かかりつけの内科医や保健所等に電話で相談するとよいです。



健康なひとでも次のような症状があるときは、医療機関に電話してただちに受診してください。

[大人の場合]
・呼吸困難、息切れ
・胸の痛みがつづく
・嘔吐や下痢がつづく
・三日以上、発熱がつづく
・症状が長引いて悪化している

[子供の場合]
・呼吸が速い
・息苦しそう
・顔色が悪い(青白い)
・嘔吐や下痢がつづく
・おちつきがなく、反応が鈍い
・症状が長引いて悪化している


基礎疾患のあるひとは抗インフルエンザウイルス薬(タミフル、リレンザなど)を早期からのみます。

抗インフルエンザウイルス薬は発症後48時間以内にのまないと、効果はあまり期待できないそうです。

病院にいく場合は、病院のほうに事前に電話をして、その指示に従います。

どの病院にいけばよいかわからないときは、各地区の発熱センターに電話して問い合わせます。


体にチカラを与える高濃度乳酸菌サプリメント

posted by 美健マスター at 15:21| ●風邪・インフルエンザ予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

新型インフルエンザに対する家庭での備えについて


新型インフルエンザについての話題がテレビやネットなどでもにぎやかですが、タミフルが効かないとか、新型インフルエンザが爆発したら、日本人の死者は64万人を超えるなど、おそろしいシミュレーションや噂などが席巻しています。

集団感染で学級閉鎖になったとかというニュースもよく耳にします。

新型インフルエンザは、鳥などから人間に感染したインフルエンザウイルスが変異して、人から人に感染するウイルスのことをいうようです。

それに対する予防としては、まず、手洗い、マスク、うがい、バランスのとれた食事、十分な休養と睡眠などがいわれています。

しかしそれでも、新型インフルエンザが流行したら、都市機能は麻痺し、流通も途絶えるので、スーパーやコンビニから食品や日用品などの物がなくなります。



そのために、新型インフルエンザに対する家庭での備蓄品が必要となります。

最低でも2週間分の食料や日用品が必要といわれます。


以下にリストを挙げておきます。


[食料(長期保存用のものなど)]

・米

・インスタントラーメンなどの乾麺類

・切り餅

・乾パン

・調味料類

・ミネラルウォーター

・缶詰

・菓子類

・レトルトパックの食品

・それ以外にも長期保存ができるものならOKです。



[日用品や医薬品]

・マスク

・ゴム手袋

・水枕・氷枕

・消毒用のアルコール

・常備薬(頭痛薬、胃腸薬、その他)

・せっけん

・ガーゼ、コットン

・ビニール袋(これは汚染されたゴミの密封などに使用します)

・トイレットペーパーやティッシュペーパーなど

地震などの災害時のときのものに加えるとよいかもしれませんね。



風邪やインフルエンザにTVや雑誌で話題の健康はちみつ【マヌカハニー】

健康はちみつマヌカハニーのマリリニュージーランド


ナチュラルアロマケア ロールオン レスピレーション



posted by 美健マスター at 12:13| ●風邪・インフルエンザ予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。