2018年06月07日

便秘解消新食材

便秘解消新食材

「たけしのみんなの家庭の医学」でやっていたポイントです。

心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクとしても注目を集める便秘!
便秘解消のカギを握る成分とは?

動脈硬化などが原因で血管が詰まり、心臓や脳が壊死する心筋梗塞や脳梗塞。
そんな病の発症リスクとして、最近医学界で注目されているのが「便秘症」。

アメリカの権威ある医学誌に掲載された論文でも、慢性的な便秘がある人の15年後の心筋梗塞や脳梗塞などによる死亡率は、便秘でない人に比べ2倍近いことが報告されている。

そんな中、最新の研究でなかなか治らない便秘の解消に効果が期待される“ある食べ物”が判ってきた。はたして便秘解消が期待できるその食べ物とは何なのか?

その食べ物の正体を知る前に、番組ではまず、便秘の人と快便の人のうんちを徹底比較し、便秘解消のカギを炙り出すことに。
普段から便秘気味という女性と、便秘知らずの女性にご協力頂き、その便を採取。

専門機関でその成分を分析してもらったところ、便秘症に悩む女性と快便賢者の女性の便には、はっきりした違いがあることが判明した。

それは便に含まれる“ある成分”の量の違いなのだが、はたしてその成分とは何なのか?

それは胆汁酸というもので、便秘解消物質です。
胆汁酸は、近年の研究で、排便機能を活発にする効果が判明したそうです。

胆汁酸の量が少ない人が便秘になりがちだそうです。
ではどうしたら胆汁酸の量を増やせるのでしょうか。

ここで登場するのが、便秘を解消する新食材です。
この便秘解消食材を摂ることで、大腸に届く胆汁酸の量が変わるそうです。

それは、エシャレットです。
でもなぜエシャレットに便秘解消の効果が期待できるのでしょうか。

胆汁酸は食物繊維の一種である水溶性食物繊維を摂っていると、便に含まれやすくなると考えられています。
その水溶性食物繊維を多く含むのがエシャレットです。

エシャレットの効果的な調理法として、餃子やパスタ、天ぷらなど、加熱して料理に混ぜることで甘みが増し、大量のエシャレットを摂取できるようです。

じつは、便秘解消のカギ、胆汁酸は、油を摂ると、より多く分泌されるそうです。

そのため、エシャレットを油ものや炒め物などにすると、油と水溶性食物繊維が同時に摂れ、より効果的に胆汁酸を大腸に届けられるようです。




長年のポッコリがすっきり…!新発想サプリ!【アマニの恵&大麦若葉】



posted by 美健マスター at 07:54| ●便秘に効くたべものや便秘を解消する方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。