2017年12月18日

背中の脂肪を落とす方法

自分では見にくい背中には、気がつかないうちに少しずつ脂肪が蓄積されます。
後姿は、人からの印象を大きく左右するものです。
自分では見えないので、あまり気にすることが少なくなりがちですが、よくぴっちりしたTシャツの背に、ブラジャーからはみ出しているお肉がはっきり見えていたりすることもあります。

たとえおしゃえをしているつもりでもこれでは台無しです。
さらに背中に脂肪がついていて、猫背になって丸まっていたりすると老けた印象になります。
逆に背中にだぶついた脂肪が無く、すっきりとしていて姿勢が良い人は、若々しく見られることが多いです。

また余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなります。
背中の脂肪は一度ついてしまうとなかなか取ることができません。
手や足のように動かすことが少ないからです。

背中に脂肪をつけないためには、日頃から背筋を伸ばして姿勢よく歩くことが大切です。
いつも背中を意識していると、脂肪をつくのを防ぐことができます。
背中の脂肪が一度ついてしまうとなかなか取り除くことがせきません。
背中を伸ばしてきびきびと動けば脂肪が背中につくのを防ぐことができます。
日頃家事をするときなどにも意識してみましょう。


■背中の脂肪を落とすには

脂肪が背中についてしまったとき、それを落とすにはどうすればよいのでしょうか。
効果的なエクササイズは普段あまり使わない背中の筋肉を動かすものです。
また背中を伸ばすストレッチなども背中やせには有効です。

ダイエットをして体重が減ったとしても、一度背中についた脂肪を落としてすっきるさせることは大変難しいことです。
さらに姿勢の悪い人は背中に脂肪がつきやすいので注意が必要です。

始めに自分の姿勢を振り返ってみましょう。
毎日朝から晩まで前かがみの姿勢でパソコンに向かっているというような人は背中の脂肪を解消することはできません。
血行をよくしてあげれば、脂肪も燃焼しやすくなりますので、背中を伸ばすストレッチをするようにしましょう。

後ろに手を組んで背中をそらすストレッチだけでも、脂肪がつきにくくなります。
毎日繰り返すことが大切なのです。
家事の時にちょっと背中を意識するだけでも、脂肪が蓄積するのを防止できます。

特別に運動する時間のない人にもおすすめです。
洗濯物を干すときや、窓拭き、雑巾がけなどで背中の脂肪を意識して大きく体を動かしてみましょう。
背中に脂肪をためないようにするには、毎日のこのようなちょっとした気遣いが大切なのです。
背中の脂肪を予防するためとして、そんなに難しいことではないと思います。


■エステで背中の脂肪を取る

気になる背中の脂肪はエステで取る事ができるのです。
お金と時間に余裕のある人は、エステで背中を直接もみほぐしてもらい、脂肪を分解しやすくするのも効果的です。
背中のマッサージをしてもらいながら、ゆったりとリラックスすることもでき、エステには脂肪を落とすだけではない効果があるといえます。

脂肪と一緒に、背中に出来たにきびやしみもきれいに取ることができれば、なおさらうれしいことでしょう。
背中にたまった余分な脂肪を取り除くことができ、マッサージやパックまでしてくれるのがエステの良さだといえます。

各エステには独自のローションやパックがあるようです。
それらを使ってマッサージなどをして背中の脂肪を取り除くのです。
エステに行こうと考えている人は、あらかじめどんなプログラムで背中の脂肪が取り除かれるかしっかり調べておきましょう。

エステは、自分の好みの方法やパックを使うところを選びましょう。
ただし背中に限らず、皮膚が敏感な人がエステを利用する場合は、かぶれたりしないよう注意が必要です。

エステが肌に合わないことが原因で背中が荒れてしまってはせっかくのエステが台無しになってしまいます。
それを防ぐためには、はじめにしっかりカウンセリングを受けましょう。
自分自身で納得してからエステを受けるようにしましょう。



posted by 美健マスター at 23:36| ●ボディケアの方法・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。