2017年11月04日

毛穴トラブルを解消して健康で若い肌にするための方法

■古い角質が積み重なってにきびをつくる・毛穴を開く

大人の女性が抱える肌トラブル、例えば紫外線の影響で脂ギトギトの毛穴、たるみで目立つ毛穴、さらには大人ニキビやくすみなど。
それらのすべては「角質異常」が原因で起こるといわれます。

通常、肌表面の角質層は、28日周期で新しいものに生まれ変わっていきます。
これが「新陳代謝」です。

加齢とともにこの機能は衰えていくため、角質表面に古い細胞が積み重なって皮脂の出口をふさいでしまいます。
その結果、わずかな皮脂分泌でも毛穴にたまりやすくなってしまいます。
これが「角質異常」です。


一方で、皮脂を分泌する皮脂腺は、中高年になると徐々に縮んでいきます。
が、このときに毛穴が角質異常を起こしていると、固くなった角質が毛穴の中に引きずり込まれ、毛穴の出口が開いてしまいます。
これにより、顔全体がくすんだ印象になってしまうのだそうです。
つまり、ほとんどすべての肌トラブルは、角質の表面の手入れをすることで改善できるのです。

鼻や頬の毛穴黒ずみ・開き・角栓ケア用美溶液【ヴェルモア】



■角質の表面を手入れして毛穴トラブルを改善

毛穴トラブルを解消するためには、洗顔時の工夫がものをいいます。
肌を傷めずに、古い角質をとり除いてくれるアイテムがあります。

新素材「超極細繊維」でできたメガネクロスを利用するのです。
超極細の繊維が毛穴を開き、中の汚れをかき出してくれます。
さらに泡立ちもよく、肌に負担をかけずに洗うことができます。

このほかにも、花粉症マスクでの顔下半分の化粧水パックも有効です。
耳に引っかけられるので、パック中でも動くことができます。
家事に忙しい女性におすすめの美容法だそうです。
マスクがない場合は、キッチンペーパーで代用してもOKとのこと。




■毛穴トラブルのおすすめケアや化粧品等

気になる毛穴のトラブルのおすすめのケアや化粧品等についてクチコミをまとめました。


●おすすめの毛穴ケア

・ケアですが、クレンジング時などに蒸しタオルを使うと効果的ですよ。蒸しタオルは濡らして軽くしぼったタオルをレンジでチンすれば簡単に出来ます。あと蒸しタオルで毛穴を開き、オリーブオイルでマッサージという方法もあります。オリーブオイルは食用で大丈夫です。ゆっくりマッサージして、その後は洗い流さずそのまま石鹸洗顔します。確かに黒ずみは減りキメ細かくなったような気がします。

・毛穴の開きは肌がたるむと目立つようです。試しに顔の皮膚表面を上方向に持ち上げて見てください。たぶん毛穴が目立ちにくいのでは。そこで、毛穴ケア用品とともに、たるみ防止用品もお使いになると良いのでは。

・毛穴の開き・たるみにはケミカルピーリングが効果的です。使用するにあたっての注意は必要ですが、ケミカルピーリングは高度な技術を必要としません。

・たるみ毛穴は筋肉の衰えが原因なのかもしれませんので、フェイササイズはどうでしょう。また、リンパマッサージも良いです。

・毛穴の角栓は全部取ると肌に良くないらしいです。肌に必要な皮脂なので、無理やり全て取ってしまうのは良くないそうです。それでスクラブでケアしています。今使っているのはラッシュのものですが、アテニアのスクラブも気になっています。


●おすすめの毛穴用化粧品

・ソフィーナを使ってます。ソフィーナで定価5000円。青いチューブ状でした。それは、結構つけたときも毛穴が目立たなくなったんですけど。使い続けると効果があるそうです。私は、使い続けていないのでなんともいえないんですけど。

・高いものなのですが、ゲランの「イシマ サクセス モデル セロム」はおすすめです。本来はフェイスラインを整える効果のある商品です。私はオイリーで毛穴の目立つ肌で、そのうえ年齢と共に涙型の毛穴になってますので、これを使ったら毛穴が引き締まってきましたよ。朝使えば、毛穴が引き締まる事で皮脂の分泌が抑えられ化粧崩れも少ないという、即効性もあります。

・私が毛穴ケアとして使っているのは、ゲランのイシマクレンジングミルクです。お風呂で十分に毛穴が開いたとこで、丁寧にこれでクレンジングしてあげることで、毛穴が小さくなってお肌がふっくらした感じです。半身浴で汗をかくのも効果的だと思います。

・サプリメントですが、ロート製薬から出ている、レヴィ・フェイスというリフトアップサプリも相当効果ありです。結構、これは高いんですが、飲みはじめて1週間くらいしたころから、段々毛穴が目立たなくなってきて、効果が非常にあると思いました。

・ブランフィルのライトニングエッセンスがおすすめです。美容液ですが、化粧下地にも使えます。私も混合肌で、最近使ったのですが、パウダー成分が皮脂を吸い取ってくれるそうで、長時間たっても、皮脂の分泌がありません。





■鼻の毛穴ケア

毛穴ケアの口コミをみていくと、鼻の毛穴の黒ずみのトラブルが多いです。
鼻の毛穴の黒ずみは、皮脂の分泌などにより広がった毛穴に汚れが詰まることから黒ずんだりします。

小鼻などそうですが、鼻の毛穴の化粧品としてオイルクレンジングでマッサージしてから毛穴パックをしたり、泥を使ったクレイパックをしたりするなどして汚れを落とします。
あとは毛穴をひきしめるために収れん化粧水でパッティングするなどして引き締めると良いです。

オイルクレンジングは雑誌で「イチゴ毛穴」にはいいそうです。
鼻の頭の感触が柔らかいので毛穴の奥まではいりやすく、皮脂や汚れがとれやすいそうです。

ただ、佐伯チズさんはオイルクレンジングは使わない方が良いといってます。
顔に脂を塗るようなもので、顔のスキンをさらに痛めるからというものでした。
では、そのかわりになにを使ってクレンジングするのかというと、クリーム状のクレンジング(チューブに入ったもの)を使うそうです。

また、鼻の毛穴の角柱がつまって、ぼこぼこになるときには簡単な方法があります。
ミクロタオルを使うと良いそうです。
これは普通のタオルよりきめこまかいので、毛穴のつまりがとれるそうです。
通販でも売っているものです。


●メガネクロス洗顔法

1.洗顔料をクロスにつけ、しっかりと泡立てる。

2.Tゾーンを中心に、やさしくなでるように洗っていく。

3.最後にしっかりとすすぎを行い、化粧水をつける。

注意点 メガネクロスは必ず新素材の超極細繊維のものを使ってください。





■クレンジングの方法

●クレンジング

クレンジングオイルではなくて、クリーム状のものをチューブから3センチほど手のひらにだします。
手のひらにだしたものを、ちからをいれないで自分の体温で時計回りにこすります。
ちからをいれすぎると、その摩擦力でお肌にトラブルを起こすそうです。

そしてそれを両頬、額、鼻、あごの5点にぬります。


のこりのクリームを両手であわせて、

1)汚れを落とす時に、まず、あごの中心から耳たぶへ


2)鼻のきわから耳にむかって、指をうかさずに、全部の指をつかって。
 中指を目の下からこめかみまで、鼻筋を右手、左手で上がっていって、額の中心からこめかみの方へ。そしてこめかみで止めます。

 それから、鼻筋、鼻、横鼻、口と鼻の間を下げないで持ち上げるように指を使います。そしてあごから、両頬にかけて持ち上げるように。鼻の上を上げるつもりでひっぱり、耳までクレンジングします。

 そのときに、お肌の神経に対してこう話しかけながら。「お肌が下がらないように、持ち上げてね」と唱えます。


 この一連の動作をどれくらいやるかというと、3回だそうです。3回やると、ちからをいれなくても自然に汚れがとれるそうです。

 それから湿らせたコットンでふき取ります。ふき取る順番は、クレンジングした順番と同じです。一度ふきとったらコットンを裏返して、もういちどふき取ります。

 このクレンジングは夜やって、朝はぬるま湯だけでいいそうです。





posted by 美健マスター at 10:10| ●毛穴の悩み対策方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。