2017年10月31日

ドライアイの予防と対策を手軽にできる方法

ドライアイの予防と対策を手軽にできる方法


ドライアイの原因

ドライアイというと、単に目が乾くという意味にとらえがちですが、そうではないですね。医学的には、涙の異常により角膜とか結膜が傷つくことをいうのだそうです。角膜の傷なんて自分では見ることができませんから、なかなか気がつきにくいですからね。最近ではパソコンの画面を見つづけて仕事をするひとが増えてきたので、目がショボショボしたり、物が見えにくくなったりという話もよく聞きますね。
 
 単に疲れ目だと思っていたら、ドライアイだったということが多いそうです。自覚症状が比較的ありふれているので、目の乾きを自覚しているひとが少ないことにもよりますね。
 ドライアイになっているかどうかを見分ける方法があります。10秒間、目をあけているだけで顕著な視力低下が起きたひとはドライアイの可能性が高いです。すぐに眼科に行って診察してもらったほうがよろしいです。
 
 ドライアイの代表的な原因として、次のようなものがあげられています。涙不足や脂不足、コンタクトレンズの着用などです。この脂ですが、これがドライアイ患者の多くが少ない状態だったそうです。涙の表面をおおって蒸発を防いだりしてくれるのが、目から少し分泌してくる脂です。
 また、コンタクトもドライアイに関係しているようです。ハードコンタクトレンズは、レンズの裏に涙が吸い込まれて縁の外側が涙不足になりがちですし、ソフトコンタクトは、レンズの表面に脂が広がりにくくなるために涙が蒸発しやすくなるからドライアイになるそうですね。



ドライアイの最新の治療法は

ドライアイの最新の治療法もあるようですね。軽い症状なら、保水力のよい目薬を使えばよいです。これは眼科でもらう目薬で、ヒアルロン酸ナトリウムが入っているもので、保水力があり、涙の蒸発を防いでくれるというすぐれものです。それから、ドライアイの最新の治療法として涙点プラグというものがあります。
 
 涙というものは、目尻ににある涙腺から流れ出てきて、目頭にある涙点という二つの小さな排出口から捨てられるというしくみです。その涙点を、涙点プラグといわれる小さなキャップでふさいでしまうという方法だそうです。手術は1分程度で済むそうですし、効果は高いそうです。
 
 さらに、最近では顔用の加湿器もありますので、それを利用して、まぶたにその湯気をあてるのもグッドアイデアではないかと思います。



ドライアイの予防と対策

・まぶたをあたためましょう。
 おしぼりを熱すぎない程度にあたためて、まぶたにあてます。1日1回5分間程度でよいです。眼に炎症があるときはやらないこと。また、入浴したときに、目をあたためて、上下のまぶたを軽くマッサージしましょう。それから、お茶を飲むときに、まぶたにその湯気をあてるようにすると良いです。
 
・目の使いすぎに注意
 夜は涙の分泌が少ないので、パソコンや読書などでずっと目を酷使しないようにしましょう。
 
・目薬を使う
 ドライアイのひとは目薬は必需品ですね。目を酷使したあとや、就寝前とか起床後などにも目薬をさすとよいです。ただし、一般的な目薬には防腐剤が入っているそうですので、目薬を頻繁に使うときには、防腐剤が入っていない目薬が良いです。


参考までにこういう商品などもあります。

気になったものがあれば詳しい情報はリンク先でしらべてみてください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
┃【注目情報】みやびのブルーベリーサプリ≪ビルベリープレミアム≫  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=◆画面がボンヤリ ◆ショボショボして見づらい ◆細かい字がつらい =

はっきり・くっきりのサポートに

 北欧産ビルベリーをはじめエルダーベリー・マキべりー・カシスなど配合
更にメグスエイノキエキス・ルテイン・アスタキサンチンなど充実の13種類

▽ 毎日手軽にはじめるなら、コスパの良い商品を選びませんか? ▽





アサイベリープラチナアイ



posted by 美健マスター at 11:56| ●美容健康に有益な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。