2017年10月23日

娯楽読物2-35 魔法博士と三人の部下は

 魔法博士と三人の部下は、さっきから、岸壁に背中をつけて、両手を上にあげたまま、じり、じりと、横のほうへ、いざっていきましたが、黄金怪人が、しゃべっているあいだに、ころあいを見はからって、さっと走りだし、すぐそばの、まがり角の向こうへ、姿を消してしまいました。

「あっ、逃げたぞっ。」
 警官たちは、すぐに、そのあとを追いました。黄金怪人も、いっしょに走りながら、

「ピストルは、おどかしにうつだけだよ。あいつを殺しちゃいけない。」
と、警官たちに、注意しました。

 角をまがると、向こうのほうを、魔法博士と三人の部下が、走っていくのが見えます。バーン、バーンと、ピストルの音が、岩の廊下にこだまして、ものすごく、とどろきました。むろんおどかしですから、相手にあたるはずはありません。

 それから、いくつも角をまがって、たどりついたのは、れいの地底の牢獄の前でした。
 魔法博士は、明智探偵のとじこめられている牢屋の戸を、手ばやくかぎでひらいて、中にとびこむと、どこからか、するどい西洋短剣をとり出して、明智探偵の胸をねらって、いまにも、さし殺す身がまえをしました。

 三人の黒覆面の部下は、小林、井上、野呂の三少年の牢屋にはいり、やっぱり、同じような西洋短剣をふりかざして、少年たちを、いまにも、さし殺そうとしています。
 それをみると、警官たちは、あっと驚いて、立ちすくんでしまいました。

「さあどうだ。ピストルが、うてるならうってみろ。ピストルよりも、この短剣のほうが、すばやいぞ!」
 魔法博士は、明智探偵を立ちあがらせ、その背中に、短剣の切っ先をあてがって、うしろから、おすようにして、牢屋のこうしの外に出てきました。

 しかし、警官たちは、どうすることもできません。近づこうとすれば、たちまち短剣が、明智の背中にささるのです。ピストルもだめです。魔法博士は、明智のからだを警官たちのほうに向けて、じぶんはそのうしろにかくれるようにしているからです。ピストルを発射すれば、博士ではなくて、明智探偵にあたってしまいます。

 魔法博士は、そうして、この場をきりぬけ、逃げだしてしまうのでしょうか? 警官隊は指をくわえて、それを見おくるほかはないのでしょうか?
「ワハハハハ……。」

 そのとき、とつぜん、大わらいの声がひびきわたりました。何者ともしれぬあの黄金怪人が、腹をかかえて笑いながら、警官隊の前へ出てきたのです。

「おい、それがきみのさいごの切札か。魔法博士、きみだけが魔法つかいだと思っていると、とんだまちがいだぞ。きみのほかにも、きみ以上の魔法つかいがいるんだ。その魔法の種を、あかすときがきたようだな。さあ、見るがいい。おれの顔を、よく見るがいい。」

 そういったかとおもうと、黄金怪人は、頭からかぶっていた黄金の仮面のネジをはずし、両手ですっぽりと、上にぬぎとりました。

 その下から、あらわれたのは? ……もじゃもじゃの髪の毛、広いひたい、濃いまゆ、一文字にむすんだくちびる。あっ! 明智探偵です。まぎれもない名探偵明智小五郎の顔です。

 じつに、とほうもないことが、おこりました。明智探偵がふたりになったのです。シャツ一枚で、魔法博士に短剣をつきつけられている明智と、黄金の仮面をぬいだ明智と、まったく同じ人間が、ふたりあらわれたのです。それが三メートルをへだてて、向かいあって立っているのです。

 魔法博士は、このふしぎな光景に、ぎょっとして、立ちすくんだまま、身うごきもできなくなってしまいました。

「おい、魔法博士。この明智小五郎には、だれが見てもわからないほど、そっくりのかえだまがあることを、知らなかったのか。そこにいるシャツ一枚の男は、ぼくのかえだまだよ。ほんものの明智は、きみなんかにつかまるほど、まだ、もうろくはしていないのだ。」

 金いろのよろいをきたままの明智探偵が、両手を腰にあてて、ゆうぜんとして、話しはじめるのでした。
「ぼくは、こんなこともあろうかと思って、黄金怪人の衣装を作らせておいた。ぼくは、それを持って、黒いマントに身をかくして、このやしきにしのびこんだ。そして、黄金怪人になりすまし、きみの部下の目をあざむいた。黄金怪人がふたりいるなんて、思いもよらぬことだから、きみの部下に出あっても、だれもあやしまなかった。きみが岩の廊下を歩いていると思ったのだ。

 ここへしのびこんだつぎの夜なかに、ぼくは、ある部屋の窓をひらいて、ふたりの人間を、そっと、中に入れた。そのひとりが、そこにいるぼくのかえだまなのだ。その男は、きみも知っているとおり、人造人間になりすましてかくれていた。もうひとりは子どもだった。それがどんな子どもだったかは、いまにわかるときがくるだろう。

 おい、魔法博士、きみは井上と野呂のふたりの少年をかどわかし、そのかえだまをつくって、グーテンベルクの聖書を盗みだした。しかし、それはきみのほんとうの目的ではなかったのだ。目的はぼくをとりこにして、きみの部下にすることだった。そこで、まず小林君をとらえ、ぼくが助けだしにくるようにしむけた。

 ぼくはきみの計略にかかったと見せかけて、じつは、その裏をかいたのだ。かえだまの明智のほうを、牢屋にいれさせ、安心させておいて、そのすきに、警官隊をひき入れた。警官隊はここにいるだけじゃない。裏の洞穴の外にも、建物のまわりにも、そのほか、あらゆる出入り口に、何十人の警官が見はりをしている。もうアリのはい出るすきもないのだ。

プロ仕様!割れない鏡 【REFEX】リフェクス フィットネス スタンドミラー 大型姿見 NRM-F80 ミラー:W80cm×180cm×2.7cm スタンド:W81cm×H16.3cm×L50cm 飾縁:W1.5cm シルバー【日本製】

プロ仕様!割れない鏡 【REFE
X】リフェクス フィットネス…

\51,840(税込)

軽量です。市販のフックで簡単に壁に吊下げられます。女性や高齢の方でも手軽に部屋から部屋へ移動が出来ます。硝子ではなくフィルムですので落下したり衝撃を受けても割れたり飛散したりしないので安全です。厚みで映像がダブってしまうガラス鏡に比べ極薄(0.025mm)のフ…

拡大画像を見る
プロ仕様!割れない鏡 【REFEX】リフェクス フィットネス スタンドミラー 大型姿見 NRM-F80 ミラー:W80cm×180cm×2.7cm スタンド:W81cm×H16.3cm×L50cm 飾縁:W1.5cm シルバー【日本製】プロ仕様!割れない鏡 【REFEX】リフェクス フィットネス スタンドミラー 大型姿見 NRM-F80 ミラー:W80cm×180cm×2.7cm スタンド:W81cm×H16.3cm×L50cm 飾縁:W1.5cm シルバー【日本製】をカートに入れる



posted by 美健マスター at 06:00| ★娯楽読物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。