2017年10月08日

耳鳴りにモーツァルトが効く

耳鳴りにモーツァルトが効くという民間治療があります。
民間治療といっても、「壮快」という健康雑誌にたびたび取り上げられるほど、じっさいに耳鳴りが治ったという体験談や口コミがのっているので、まったくのでたらめでないようです。
むしろその逆で、効果的な治療法かもしれません。
ただ、モーツァルトのCDを聴くだけですので、コスト的にはかなりリーズナブルです。

病気や症状を改善するために音楽を利用するという音楽療法は、いまでは世界中で認められている治療法です。
とくに、その美しいメロディーと治療効果の高さで人気があるのがモーツァルトです。
高周波音と「ゆらぎ」が彼の音楽にはとくにあります。
「ゆらぎ」というのは、自然界の音に多くふくまれるもので、川のせせらぎ、風と木の葉の音、波の音など、だれもが心地よくなる音です。
以前流行した、1/fというリラックスするためのCDも、この「ゆらぎ」をベースにしています。

モーツァルトの曲には、高い周波数の音が豊富にふくまれていますが、これらの音は人間の脳や身体をリラックスさせてくれます。
モーツァルトを聴くことで、交感神経の高ぶりを抑制し、免疫力を高めてくれるようです。
そのために、耳鳴り以外にも、血圧や不眠症、老眼、疲れ目、不整脈などが治ったという体験談があります。

モーツァルトの曲を聴いて、耳鳴りなどの症状を改善したいという目的の場合には、ヘッドフォンをつけて、自分にとって快適に思われる音量で、その曲を集中して聴くと効果的だそうです。
1回に聴く時間は30分以内で、午前と午後に1回ずつ聴くようにすると良いようです。
仕事とか、家事とかでお忙しい方は、聞き流す感じでもよいかと思います。
体験談やクチコミなどを読みますと、だいたい2か月くらいから改善してくるようです。
耳鳴りとかでお困りの方は、試しにいちどやられてはいかがでしょうか。
アマゾンにも、モーツァルトのCDがありますので、そちらも参考にしてみてください。

モーツァルトの曲では、以下の5つの曲がおすすめのようです。
・クラリネット協奏曲    イ長調  K.622
・セレナード第13番     ト長調  K.525
・交響曲第39番       変ホ長調 K.543
・ディベルティメント第17番 ニ長調  K.334
・交響曲第33番       変ロ長調 K.319



posted by 美健マスター at 15:34| ●耳鳴り・難聴など耳全般の治療や改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。