2017年09月04日

リストカットなどの傷跡が劇的改善

リストカットとは、カッターナイフなどの刃物を用いて主に前腕を傷つける自傷行為をいいます。
略してリスカと言われることがあり、若年層の間でこの表現が用いられます。

1960年代から、アメリカでリストカットが流行し、1972年にはRosenthalらが、 wrist-cuttting syndromeと初めて記載したとされます。
リストカットは、手首 (wrist) を切る (cut) ことから造られた和製英語であると説明しているひともいます。
英語でもこの用語が使われることもありますが、英語ではcut(切断する)の代わりにslash(切りつける)を使うことが多いです。

日本ではリストカットを略して「リスカ」と、リストカットをする者の事は「リストカッター」または「リスカー」と呼ぶことがあります。
また、日本では腕を傷つけることをアームカット(arm cut、略して「アムカ」)、脚を傷つけることをレッグカット(leg cut、略して「レグカ」)といいます。






リストカットは、言語化できない鬱積したストレスの表現方法の一つであるという説があります。
ストレスを言語化して相手に伝えられない場合、「行動化」や「身体化」という形でストレスを発露します。

「行動化」には歌ったりスポーツをすることなどが分類されます。
これらは健康な行動化とされますが、その一方で犯罪や非行に走るという形での「行動化」もあります。

一方で身体化は、円形脱毛症や自律神経失調症など、身体でストレスを表現することで発露する方法です。
リストカットのような「身体化・行動化」されたストレス発散の表現に対して、「隠された心の叫び」を読み取るのは容易なことではありません。

しかし、力で強引に抑え込もうとするなどすれば、さらに自傷行為をエスカレートさせる危険性があります。
自傷行為が例えば学校で行われると、動揺が生じ、クラスを統率する教師は「周囲への動揺を抑える為」、そして、「自分自身に危険が及ぶことを恐れる為」、これを止めようとしますが、どうしても表に発露した表現である自傷行為にのみ注意が向いてしまい、心の叫びを聞き取ることができません。

「真の気持ち」を受け止めず、「額面だけの励ましや説教」でその場を済ませると、行為が繰り返されると指摘されています。
リストカットのような自傷行為は、子どもにとっては「命がけのSOS」でありますが、それを受け取る大人達にとっては、「問題」として解釈されます。

その結果、「どうしてわかってくれない」という児童の気持ちと、「どうして問題行動をやめない」という大人の気持ちはすれ違い、齟齬が生じます。
リストカットに走る子供の心理は千差万別だが、実際にリストカットを行った子供達は「苛々してる時にやった」「思い通りにならない時にやった」「誰にも理解されない孤独な心理状態の時にやった」と、様々な説明しています。

また、リストカットを行う子供達はしばしば「死にたい」と言うが、これは、「死にたいほど苦しい。助けて」という、「心の叫び」であると解釈されます。


リストカットの傷跡は治ります。
特に新しい 赤い傷跡に対しては劇的に改善します。
子どもがリストカットをしてしまい、就職前や進学前までに
どうにかしてあげたいと考えている親御さんに、




リストカットなどの傷跡が劇的改善!【池袋サンシャイン美容外科】



posted by 美健マスター at 10:56| ●ボディケアの方法・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。