2017年09月01日

酵素と乳酸菌を含むサプリでスマート生活を応援!【121種類の酵素と乳酸菌】

酵素と乳酸菌を含むサプリでスマート生活を応援!【121種類の酵素と乳酸菌】

121種類の植物発酵エキスとスマート乳酸菌(R)を配合し
香料・着色料・保存料などの食品添加物は一切使用していない、完全無添加サプリメント。
偏りがちな栄養バランスの足りないところを、代謝を活性化させる酵素と、
腸内環境を整える乳酸菌をダブルで補い、スッキリ体質をサポート。

太りにくい身体づくりをするために、腸内環境を整えることはとても重要なことです。
酵素が腸内環境を改善する効果があることは有名ですが、乳酸菌も合わせて摂取すると、ダイエットに成功することがもっと確実にできるかもしれません。

酵素と乳酸菌の違いですが、酵素は物質で、乳酸菌は生物です。

アミラーゼ・リパーゼ・プロテアーゼなど、体内に入ってきた食べ物を消化する働きのある、消化酵素。
消化された成分をエネルギーに変えるため、体の隅々まで栄養を運ぶ代謝酵素。

3000種類以上も存在すると言われており、栄養素ではなく触媒の一種で、あらゆる生命活動を行っています。

生命活動を行えるのは、体内のいろいろな成分が化学反応を起こしてくれるからです。
その化学反応は触媒なしには行えません。
酵素がなくては生命活動を維持することはできないというわけです。

乳酸菌は生きた細菌のひとつで、漬物や味噌などの発酵食品や、私たちの体内にも乳酸菌は生息しています。

酵素も乳酸菌もよく似た効果を持っています。
共通の効果としては、

腸内環境を整える
便秘改善・予防
免疫力を強化させる
肌荒れを改善する
があげられます。

しかし、似ているのは効果だけではありません。
どちらも、体内に存在しており、生きて行くうえでは必要不可欠です。
さらに、加齢とともに体内の生成量が減少していきます。

どちらかひとつでも効果的ですが、ふたつ合わせたほうが、相乗効果を期待できます。

太りにくい身体づくりに大事なことが3つあります。
・腸内環境を整えること
・体内にある酵素を充実させること
・体内の悪玉菌を増やさないこと
です。

そんな不安定な腸内環境を整えるためには、乳酸菌が必要です。

酵素自体も腸内環境を整える働きがありますが、体内にある酵素には限りがあり、消化酵素を使いすぎてしまうと、代謝酵素の使える数が減ってしまいます。

腸内環境の改善は乳酸菌に任せ、酵素は免疫力アップや基礎代謝アップ、美肌の効果などに発揮すれば、酵素単体を取るよりも、痩せやすく太りにくい身体を作ることができるというわけです。


酵素と乳酸菌を含む食材は、和食の発酵食品がそれに当たります。
醤油や味噌、納豆・漬物・ぬか漬け、キムチにもチーズなどです。

しかし塩分の強い食材ばかりなので、とりすぎると、生活習慣病などの病気になりがちです。

そんな人のために、酵素と乳酸菌を含むサプリが必要になるわけです。

スマート生活に121種類の酵素と乳酸菌






posted by 美健マスター at 18:18| ●ダイエットに役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。