2017年08月29日

まぶたのたるみ予防の方法

まぶたたるみの原因

まぶたがたるむ原因はなんでしょうか。
まぶたがたるむのは、肌のたるみや筋肉の衰えが原因になります。
まぶたはたるみが出て、目元のあたりまで落ちるようになると、
目元の感じが重たくなってしまいます。

まぶたがたるんでくると、せばまった視界を開こうとして、
まぶたに力を入れて目を開こうとします。
そのために、額や眉間にシワが刻まれやすくなりますね。

まぶたのたるみが原因で目つきが悪く見えるときもありますし、
まぶたがたるんでくると、さらにからだに悪いことがおこります。
まぶたのたるみがひどくなってくると、
肩こりや偏頭痛、眼精疲労などが引き起こされてくるともいわれます。

まぶたは筋肉の力で持ち上げられていますけれど、
その力が弱まってくると、まぶたはたるんでしまいます。
そのたるみが正面を向いたときでも、瞳のところまで垂れたようになることがあります。
これを眼瞼下垂と呼びます。

これがひどくなってくると、
物を見るために下あごを上げなければならないような眼瞼下垂にまでなると、
頭痛や嘔吐を催すことさえあります。


この眼瞼下垂には、先天性のものと後天性のものがあるといわれます。
後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの長期使用、
さらにテレビゲームやパソコンによる目の酷使によっても引き起こされます。

まぶたは人の顔の中でも特に皮膚が薄くて乾燥もしやすいので、ハリを保つのが大変です。
それで、まぶたの皮膚はたるみやすい状態になるのです。

人の顔の中でも特に繊細なのがまぶたですが、
まぶたの皮膚にハリがあって筋力もバランスが取れていて、
脂肪も適度にあればよいのですが、
そういった状態が崩れると、まぶたのたるみにつながるのです。


目元とまつ毛のWケア美容液「目元とまつ毛のご褒美」


まぶたたるみの予防とケアについて

まぶたがたるむ原因がわかったところで、まぶたたるみの予防とそのケアについてみてみます。
まぶたのたるみが、それほど重症ではなくて皮膚そのものがたるんでいるだけのときは、
まだまだ日ごろのケアで改善できます。

まぶたのたるみはお肌の老化を防ぐ対策をすれば予防できますので、
全体的にお肌のアンチエイジングを行えば良いです。
まぶたのたるみをケアするための化粧品としてはどういうものがあるのでしょうか。
それはアイケアクリームや眼の下専用のパックなどがあります。

まぶたのたるみを少しでも少なくするためにはどうすればいいかというと、
目じりやまぶたに保湿成分が含まれた美容液を塗って、
お肌にハリを与えるようにすると良いです。

まぶたの周辺部へマッサージすると、まぶたのたるみの解消や予防が期待できます。
なぜなら、まぶたのたるみの部分がマッサージされることで刺激されて、
血液の流れがよくなってくるので、まぶたのたるみがなくなるのではないかと考えられています。

朝晩のマッサージを1分間ほど行って、
そのあとさらに眼の周りを指の腹で押さえると、より効果的です。

そのマッサージのしかたですが、
中指と薬指を使って、目じりからまぶたのたるみの線をなぞって、
鼻まで持っていくようにします。

そうして再びまぶたから目じりまで戻ります。
次に、目尻から頬をなぞって顎のあたりまでマッサージします。


お肌を老化させる原因は、加齢がもちろんありますが、
そのほかに、紫外線も肌を老化させる原因となります。
紫外線によって、肌成分のコラーゲンやエラスチンが破壊されることで、
肌の弾力性が失われてしまうので、予防とケアは必要なのです。

紫外線の刺激でまぶたのたるみをひどくさせないためには、
たとえ冬でも紫外線をカットする化粧品などは必要ですので、
ご注意ください。






まぶたのたるみ予防

では、まぶたのたるみを予防するためにはどういう方法があるでしょうか。
そのひとつに筋肉を鍛える方法があります。
まぶただけでなくて、ほかの筋肉も使わないでいると弱まっていきます。
まぶたの場合ももちろんその例外ではありません。

加齢により、さらに、まぶたはたるみを増すことになります。
まぶたのたるみを少しでも抑えるためには、
まぶたの筋肉を落とさないようにすることが非常に効果的です。
それにはまぶたの筋肉を鍛えることです。

眼のまわりには眼輪筋という筋肉がついていますが、
それは使わないとその力も低下します。
眼輪筋は特に意識しなければ使うことのない筋肉ですけど、
意識して鍛えるようにすると、
まぶたのたるみを予防することができます。

また同時に、表情筋も鍛えるようにしますと、
表情も生き生きと豊かにすることができて、あなたの美しさを増すことになります。
眼輪筋は意識して瞬きを繰り返すようにしますと、簡単に鍛えることが可能です。

下まぶたについては、ふだんの瞬きなどでも動かすようなことはほとんどないですが、
指で上まぶたを押さえて、下まぶたが持ち上がるような瞬きをしてみますと、
下まぶたの筋肉が動いて鍛えられるますので、
まぶたのたるみを解消するのにかなり役に立ちます。


それから顔の運動があります。
顔を全体的に広げたり、中心に縮めるようにしたり、
目を大きく見開いてから、ギュっと閉じるような動作を繰り返します。
このような瞼の瞬きの運動もまぶたのたるみを解消するのにはとても有効です。

毎日のちょっとあいたスキマ時間をみつけて、
数分間だけでも続けることによって、まぶたのたるみがとれる効果があらわれます。
場所や時間も気にしなくてできる簡単な運動ですので、
できるだけ毎日続けてまぶたのたるみを解消しましょう。

薬剤師が開発したお尻ニキビ・黒ずみ・たるみ専用クリーム【Puchinon】



posted by 美健マスター at 10:39| ●たるみ予防・改善情報方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。