2017年11月15日

抗がん剤、術後追加で再発率減少/肺がん治療最前線

抗がん剤、術後追加で再発率減少/肺がん治療最前線
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01867056-nksports-hlthの記事より引用します。

 昔は、小細胞肺がんには抗がん剤が効くけれど、それ以外の肺がんには抗がん剤は効かないと言われていました。

 しかし、1980年代に登場したシスプラチンやカルボプラチンなどの白金製剤、90年代に登場したイリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセル、ゲムシタビン、ビノレルビンなどのいわゆる第3世代抗がん剤、そしてその後に登場したアリムタなどにより、非小細胞肺がんに対する化学療法の成績は大きく進歩しています。

 非小細胞肺がんに化学療法を行う場合には、1−2期および3期の一部の患者さんに対して手術後に実施する場合、3期の患者さんに対して根治的放射線治療と併用する場合、4期や術後再発の患者さんに単独で投与する場合があります。

 手術後に抗がん剤を追加することにより、再発率が10%程度減少します。3期の患者さんの放射線治療に化学療法を同時併用すると、5年生存率が放射線治療単独の5%程度から20〜30%へ向上します。いずれの場合も抗がん剤を手術や放射線治療と併用することで、治癒率が上昇します。4期や術後再発の患者さんに抗がん剤を投与しても治癒は難しいですが、寿命を延ばしQOL(生活の質)を改善することは可能です。

 分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬とともに抗がん剤治療も非小細胞肺がんに対する重要な薬物治療です。分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬のみではなく必要に応じて抗がん剤治療を実施することによって、患者さんにより長く、より良好な延命効果もたらします。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01867056-nksports-hlth


メイドインジャパンの世界最高純度CBDオイルなら【CBDダイレクト】

【p53誘導体DBグルコース】配合の全分子フコイダンエキス




posted by 美健マスター at 10:16| ●美容健康に有益な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。