2017年08月09日

がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差

がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差があるそうです。

国立がん研究センターは9日、がんと診断された人を、治療によってどの程度救えるかを示す「5年相対生存率」について、がん治療拠点の約半数にあたる全国188の病院別データを初めて公表した。肝臓、肺がんの生存率はばらつきが大きい一方、乳がんは比較的小さかった。同センターは「病院ごとの特徴を読み取り、受診の参考にしてほしい」と話している。

集計結果は国立がん研究センターが運営するウェブサイト「がん情報サービス」内で公開されています。

http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html


東京大学と協同出願した新成分ブロリコがあなたの免疫力を高めます。
自然免疫を活性化させる新成分ブロリコ。プロポリスの1000倍以上のパワー。





posted by 美健マスター at 10:54| ●美容健康に有益な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。