2017年08月06日

ダイエットに役立つもち麦の食べ方

ダイエットに役立つもち麦の食べ方について、ためになる記事がありました。

もち麦に含まれるβ-グルカンは、糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きがあります。さらに、腸内細菌によって発酵・分解される際に短鎖脂肪酸を産生します。この短鎖脂肪酸には、脂肪の蓄積を防いだり、食欲に関わるホルモンをコントロールしたり、感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながすといった働きがあり、総合的な肥満の予防効果が期待されています。ですが、もち麦は、すべてがβ-グルカンでできているわけではありません。「身体にいいものだから」と今までの食生活にもち麦をプラスして食べると、カロリーの摂りすぎになります。白米ともち麦を置き換えることで、約20倍の食物繊維が摂れるのですから、白米やパン、パスタなどの主食ともち麦を置き換えて食べましょう。



・どのタイミングで食べるのが効果的?

β-グルカンには、次に食べる食事に含まれる糖や脂肪の吸収を穏やかにする働き「セカンドミール効果」があるといわれています。また、満腹感を持続させる働きがありますから、ダイエットのために食べるのであれば、朝食もしくは昼食に食べるのがいいでしょう。


・ダイエットに効果的な食べ合わせは?

β-グルカンを発酵分解して短鎖脂肪酸を作り出すのは、善玉菌やヤセ菌と呼ばれるグループの日和見菌です。ですから、腸内環境をいい状態に保つことがポイントです。ヨーグルトや納豆などの発酵食品と一緒に食べれば、β-グルカンが善玉菌とともに働き、短鎖脂肪酸の産生されやすい腸内フローラのサポートになります。

美容と健康に役立つ「もち麦」ですが、やみくもに食べてもその効果は実感できません。効果的な食べ方で、美味しく食べてキレイに役立てたいですね。(http://lar-japan.com/archives/66959より引用)

NATURAL★MIX
金剛筋シャツ


posted by 美健マスター at 19:46| ●ダイエットに役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。