2017年01月29日

やる気がすぐにアップする裏ワザ、やる気をださせるリハビリの方法


やる気がすぐにアップする裏ワザがあります。
スポーツ心理学によると、やる気というものは、体を動かすことで高まるそうです。

からだを5分間ほど動かして、呼吸が速くなると、
脳が「やる気がでているかも」と錯覚して、
それがやる気アップにつながるそうです。

いまいち、やる気のない方は、ぜひ試してください。


また、力強いポーズをするだけでも、やる気がアップするそうです。
これはハーバード大学の研究でわかったことです。
ハーバード大学で、だ液中のテストステロンの量をしらべる実験が行われたそうです。
このテストステロンというのは、大脳にある線条体の刺激につながる物質です。

力強いポーズを2分間とったひとは、このテストステロンが20%増え、
弱弱しいポーズを2分間とったひとは、このテストステロンが10%減ったそうです。
つまり、運動をしなくても、力強いポーズをとるだけで、やる気がアップするというわけです。


やる気がすぐにアップする裏ワザのポイントは、

1)からだを5分間ほど動かす。

2)力強いポーズを2分間とる。




やる気をださせるリハビリの方法


やる気の原因はいろいろありますが、危険な病気の徴候としてあらわれることがあります。
それは、隠れ脳梗塞や、その他の脳卒中です。
そのために、やる気をださせるリハビリの方法が重要になってきます。

やる気をださせるリハビリのポイントは、「達成感」をくりかえし感じることです。
かんたんなこと、かんたんな問題など、なんでもいいので、
短い時間ですぐに結果がでるもので、やりとげたという「達成感」がかんたんに味わえるものをくりかえしていくうちに、大脳の線条体の機能の活性化されて、症状が改善していくようです。
すると、どんどんやる気が出てきて、生活や仕事にも前向きになるようです。

健康に自信を持ちたい。ドクターズチョイス L-アルギニン5000プラス





posted by 美健マスター at 17:01| ●高血圧の改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。