2017年01月29日

ベルタ酵素でファスティングダイエット


そもそも酵素ダイエットとファスティングはなぜセット?

ファスティング(断食)はダイエットのためにするのではなく体をリセットする目的が1番!
「断食すれば何も食べない=痩せる」
当たり前ですが、当然何も食べないのでリバウンド、カサカサになるなどのトラブルの可能性もあります!

食事の代わりに酵素ドリンクを飲むファスティングは必要な栄養素を摂取して体の負担を減らし、体内環境をお休みさせて食べることで使ってしまう潜在酵素の温存、毒素を出すことができます。

ファスティングを始める季節とタイミング

季節の変わり目は体も変わり始める時です。
夏は気温が高いので基礎代謝が上がりにくい季節といわれてます。
秋は気温が下がり始め、基礎代謝を上げて体温を維持しようとします。
ダイエットには最適な季節はズバリ秋〜冬♪

女性の場合、生理中は栄養を蓄えようとしますが逆に生理が始まって8日後〜14日目は蓄えようとしていた体を元の状態に戻そうとする時期です。
まさにダイエットのゴールデンタイム!産後6ヶ月までは痩せやすいといわれていますが同じような体の変化といえます。

ファスティングのやり方は様々
ファスティングと一言で言っても様々なやり方がありますが、ポイントとしては食事と食事の間隔はとても大切です。
【ダイエット中の食事時間】
朝食: 7時(昼食まで5時間)
昼食:12時(夕食まで7時間)
夕食:19時(次の日の朝食まで12時間)

食べることで消化酵素が働きますので消化酵素が働かなくなる頃に酵素ドリンクを飲んで置き換えすることで効果が出やすくなります。

短期間で集中酵素ダイエット!
3日間酵素ドリンクでファスティング
3日間、3食を酵素ドリンクで過ごします。
お腹が空くイメージがありますが、ベルタ酵素ドリンクには野草などの酵素がたっぷり、また食物繊維も豊富に含まれていますので空腹感はそれほどありません。
(個人差があるようです)

1日だけ酵素ドリンクでファスティング!
1日だけ、3食を酵素ドリンクで過ごします。
ファスティングに慣れるまでは1日だけファスティングを定期的にすることで継続しやすくなります!
ちなみにタレントさんやモデルさんでも3日に1日はファスティング日を作る人もいるようです。

半日だけのお試しプチ断食!
半日だけ酵素ドリンクでファスティング
朝、または夜の食事を酵素ドリンクで過ごします。
固形物を約半日食べないので胃腸を休ませることが出来ます。

初めてファスティングをする!
健康目的でファスティングしたい!など断食初心者におすすめなファスティング方法です。

ファスティングでリバウンド??
「ファスティング=断食」
ファスティングは痩せる目的はないことを知ってください!
ファスティングはダイエットをするために健康的で体質改善をするための断食です。

ファスティングの方法を間違え実施することで逆効果になることがあります。
正しいファスティングは?
ファスティングは事前にスケジュールを決めて実行していくことが大切です。

ここでは準備期間を3日間、断食の本番を3日間、回復期間を3日間のとして体内環境を整える方法を紹介します。

準備期間:3日間
この期間はファスティングのために少しずつお腹を軽くしておきます。
直前まで満腹な状態は断食が始まると空腹感を強く感じやすく失敗します。
特に糖質の多い食べものは脂肪になりやすいですので控えるようにしてください。

断食本番:3日間
3食、酵素ドリンクにします。
ここで無理に長くファスティングをすると余計にリバウンドに繋がります。
空腹感よりも感情部分は酵素ドリンクでも解決できません。
空腹感のあとにドカ食いをしてしまうまで我慢する状態では意味がないです。
無理のない期間で実施してください。
また1日お水は2リットルを目安に飲んでください。

回復期間:3日間
ファスティングで体重が減少したことで「痩せた!」と実感もありますがまだまだ完全に体質改善されているわけではありません。
ここで食べたいものを好きなだけ食べることで簡単に脂肪になり、ファスティングで体が飢餓と感じている状態ですので吸収しやすく、ファスティングの意味がなくなる結果に…
また胃腸に負担がかかり、体に負担がかかり、調子が悪くなってしまいます。

「ファスティング1回でダイエット成功!」ではなく、断食あとの食事の改善、また定期的な断食を継続することで痩せやすく健康的なカラダを手に入れることができます。

ベルタ酵素ドリンク






posted by 美健マスター at 12:01| ●酵素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。