2017年01月13日

浜内式ダイエットとは


浜内式ダイエットというものがあります。
料理研究家の浜内千波先生がダイエットで成功した方法です。
1年間で40キロ近く体重を落としたそうです。

浜内式ダイエットには6つのポイントがあります。

1)油は使わない
 料理を使うときに油はできるだけ使わないということはだれでもわかりますが、カレーや炒め物など、油を使うのが当然と思われる料理でも、食材をあらかじめ煮て火を通しておくと、それをサッと炒めると、油を少ししか使わなくてすみます。

2)野菜をたっぷりとる
 野菜はだいたいカロリーが少なくて、食物繊維が豊富ですので、野菜をできるだけたくさん摂るようにしましょう。
 ビタミンやミネラルなどの不足しがちな栄養素も補給できます。
 また、野菜を生で食べるよりも、加熱して野菜の嵩をへらせば、たくさん食べられます。
 野菜を最初にたくさんとれば、炭水化物や肉類などは少しでも満腹感は得られますので。

3)脂は落とす
 鶏肉の皮はとったり、豚肉や牛肉はさっと湯通ししたり、網焼きにして油を落としたりと、下ごしらえの段階で油をしっかりと落とします。

4)ローカロリーの食材を使う
 こんにゃくやキノコ類、野菜、海藻類など、カロリーの低い食材をたくさん使いましょう。
 ローカロリーの食材なら、満腹するまでたべても、摂取カロリーは低いので、ほとんど空腹感を感じずにダイエットに成功するかもしれません。

5)砂糖やみりんはできるだけ使わない
 砂糖やみりんは意外とカロリーが高いので、できるだけ使わないようにします。
 食材に含まれる自然の甘みを上手につかうと良いです。
 たとえば、くだものや煮詰めた酢、タマネギなどを炒めたものなどの甘みを使うのがコツです。

6)GI値の低い主食を選ぶ
 GI値というのは、食べたものが消化されて、血糖値(血液中の糖分量の値)が上がるスピードをあらわす数字のことです。
 GI値が高い食材ほど、血糖値が上がりやすいので、それだけ太りやすいといえます。
 そのため、主食にはできるだけGI値の低い主食を選ぶと良いです。
 GI値の低い主食としては、ビーフン、玄米、発芽玄米、ソバ、春雨などがあります。








posted by 美健マスター at 15:41| ●ダイエットに役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。