2017年01月10日

冷え性を改善する食べ物など、ココアも冷え性改善に役立つ




冷え性を改善する食べ物として、まずタンパク質があげられます。

タンパク質は体内で熱を発生します。
アミノ酸が多く、消化吸収や分解にエネルギーが必要なため、胃や肝臓で熱を発生させます。
その値は炭水化物の5倍、脂肪の8倍といわれます。

冷え性を改善する食べ物の具体的な食べ物としては
牛乳、乳製品、たまご、魚介類、大豆・大豆製品、肉類などです。

注意事項として、腎臓や糖尿病の悪い方は、食事内容が健康に影響を及ぼすので、医師に相談してください。

冷え性対策として、そのほかにいくつかありますが、首まわりを温めるのもそのひとつです。
このことはご存知の方も多いと思いますが、首の保温で手足がポカポカになります。
首をあたためると体温があたたかいまま維持されて、その効果が手足まであたたかくするというわけです。

また、部屋の中で寒さを感じるようでしたら、部屋の中でもマフラーを首にまきつけると体温が保持されてぽかぽかになります。
マフラーでなくても、タートルセーターやハイネックの洋服をきるのでもかまいません。

外出する際の冷え性対策としては、外出前に部屋の中でマフラーをします。
外に出てからだと、からだが冷えを感じて、いくらそのときマフラーをしても、からだがしばらくは寒いままですので、かならず家の中でマフラーをしてから出るようにしましょう。
マフラーをするときは、すきまがないように襟元でしっかり巻くようにすると熱が逃げないようです。

外出するときの靴ですが、冷え性の女性の場合、ハイヒールはできるだけ控えるようにしましょう。
ハイヒールはつま先を圧迫して血行不良になるので、無理でなければ、かかとの低い平靴がおすすめのようです。

締めつける下着もよくないようです。
からだが締めつけられると、静脈やリンパの流れが妨げられて、血行が悪くなりますので、冷えにつながります。




冷え対策は、足先まで温かい血液を届ける事が重要です

ふくらはぎを温めて冷え性改善!「専用ウォーマー」



それから、ココアも冷え性改善に役立つようです。
ココアといってもピュアココアのほうがよいようです。
ピュアココアというのは、カカオマスからココアバターを分離したあと、細かく砕いて粉末状にしたココアパウダーのことです。
そのココアをのむようにしたものがピュアココアとか純ココアとよばれているようです。
ミルクココアのように糖類や乳製品のはいったものは、その健康効果はなくはないでしょうが、ピュアココアに比べたらそれほど高くはないといわれてます。
しかし、ミルクココアでも、冷え性対策にはある一定の効果はあると思いますので、とくに金額の高いココアでなくてもよいのではていでしょうか。

ココアは昔は薬としてのまれていましたが、そのココアの健康効果としては、
動脈硬化を抑制、脳の機能改善、血流を促し、冷えやむくみを改善
血圧改善、血糖値の急激な上昇を抑制
メタホ予防、紫外線によるお肌のダメージをケアする働き、リラックス効果
など、美容や健康の効果が高い食べ物です。
ここで取り扱ってる冷え性対策にも効果があるといわれてます。

ココアの主成分はカカオポリフェノールなので、強い抗酸化作用や血糖値の抑制、血流促進などの健康効果やリラックス効果があるのも頷けます。

そのピュアココアの飲み方ですが、一日2杯から3杯がおすすめのようです。
のみすぎないように注意します。
朝や昼間など日中の活動時間にのみます。
砂糖などの甘さがほしいときはハチミツがおおすめです。
これからますます寒い日々が続きますが、おたがいに体調を気をつけて、仕事や生活を健康で過ごしましょう。





乾燥生姜でぽっかぽか習慣♪しょうが湯なら【温効生姜】




posted by 美健マスター at 20:09| ●冷え性の改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。