2017年01月07日

仮面高血圧とは


高血圧診断基準

仮面高血圧という言葉をご存知でしょうか。
健康診断で血圧が正常といわれても、医師にもわからない高血圧のひとがいるそうで、それらを仮面高血圧と呼んでいるようです。
 
これまでの高血圧診断基準は、
最大血圧(収縮期血圧)が165mmHg以上、最小血圧(拡張期血圧)が95mmHg以上
で高血圧とされてきましたが、

新しい基準では、
最大血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、最小血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上
で高血圧になりました。

また、家庭で血圧測定器でしらべるときは、
最大血圧(収縮期血圧)が135mmHg以上、最小血圧(拡張期血圧)が85mmHg以上
で高血圧となります。


仮面高血圧とは

仮面高血圧とは、日常生活で血圧の高い時間が長く続くことをいいます。
正常血圧だと診断されたひとの4割が仮面高血圧といわれます。
24時間血圧計で一日の血圧の変化をみたときに、最高血圧が140以上になる時間が長くつづくようなひとや、家庭用血圧計で最高血圧が135以上になる隠れ高血圧のひとは、仮面高血圧といわれます。
喫煙するひとは、喫煙時の高い血圧が病院では発見されないので、その点は要注意です。


同年代のあの人がいつも健康な秘訣


血圧を下げる方法

普段の生活のなかで血圧を下げる方法について、以下のようなものがあります。

・食塩は1日6グラム以下
 うすあじを補うために、柑橘類や濃い目のダシをつかいます。

・適正体重を維持します。
 BMI=体重(kg)÷(身長×身長)(cm)
 BMI値が25を超えないように

・野菜をたくさんとって、脂肪・コレステロールをふくんだ食品をひかえます。

・適度な運動
 ウォーキングなど有酸素運動を1日30分以上を定期的に行います。

・アルコールや喫煙は控えます。







posted by 美健マスター at 18:40| ●高血圧の改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。