2017年01月03日

首こりをほぐすエクササイズ方法など


肩こりだけでなく、首こりになっているひとも多いですね。
私もその一人なんですが、パソコンやタブレット、スマホなどをやってると、
首もこってきて、だるくなります。

長い時間、うつむき姿勢や前かがみの状態がつづくと、
首をささえる筋肉や肩の筋肉がつかれてきて、血流が悪くなってきます。
そして血流がわるくなると筋肉が硬くなってきます。
そうすると筋肉の中を走っている神経が圧迫されて、首や肩に痛みやコリがでてくるというしくみです。
また、首や肩だけでなく、頭の筋肉もつながってますので、
頭の神経も圧迫されて頭痛がおこることもあります。

だから、首まわりの筋肉をほぐして血流をよくしていけば、
首のこりや肩の凝りなどが改善していくというわけです。
首こりをほぐすエクササイズは、首から背中にかけて筋肉を伸ばしたり、
ゆるめたりすることによって、筋肉をほぐしていく効果があります。


[その首こりをほぐすエクササイズ方法]

●腕をひっぱる

1)右腕のひじを左手でつかみます。

2)肩を前方に引きながら、ひじを胸に押しつけます。
 この状態を10秒保ちます。
 左腕も同じようにします。

●腕の上伸ばし

1)頭の上で、手のひらを下向きにして両手を組みます。

2)背伸びをするように、組んだ両手をグーッと、上にのばします。
 伸びきった状態のまま10秒保ちます。

●腕の後ろ伸ばし

1)からだの後ろで両手を組みますが、そのとき手のひらを内向きにして組みます。
 そして両手を後ろの方に、グーッと伸ばします。

2)その状態からさらに腕を伸ばして腕をできるだけ上げます。
 これを10秒保ちます。
 しかし、無理はしないように注意しましょう。

●肩落とし

1)左右の肩をグーッと上げます。

2)背中の筋肉が縮んだと感じたら、スッと肩を落として全身の力を抜きます。
 これを10回します。

     (参考文献『肩こり・首痛を自力で治す最強事典』)

これら一連のエクササイズを1日2回から3回行います。
朝行うとその日の首の動きがスムーズになる気もしますが、
デスクワークが中心のひとは、仕事の合間にやると、首のこりもほぐれて仕事が快適にすすむかもしれません。

このエクササイズは無理せずに、ゆっくり行うとよいようです。
力一杯やるのは厳禁です。
無理せずにできる範囲でやるのがコツです。
そして三日坊主でおわらずに、最低1か月以上やると、
運動療法の効果があらわれてきて、首や肩のこりもほぐれてくるかもしれません。
しかし、あまり効果があらわれなかったり、症状が悪くなるようでしたら、専門医に相談しましょう。

また、首こりを改善するためのグッズを使うのも良いです。こういうのがありました。



ナイツが絶賛!脳波が良くなる超熟睡ヒンヤリ安眠枕



肩こり、首こり、猫背に。まったく新しい【ストレートネック枕】



肩こり首こりケア専用枕 リラ!まくら



揉まれる肩・首スッキリピロー




posted by 美健マスター at 23:52| ●首・肩の予防と方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。