2016年12月17日

にきびによくない食べ物


にきびによくない食べ物として、脂質や糖質の多いものがあげられます。

にきびを防ぐには、まず脂質の摂取を減らすことが大切です。

また糖質も必要以上にとるのはよくないです。

糖質(炭水化物)は、体内で脂質にかわるからです。さらに刺激物もにきびの原因になります。

そのうち、特に、牛肉、豚肉、ピーナッツなどのナッツ類、チョコレート、クリーム、白砂糖、チーズ、バター、コーヒー、ココアなどは、できるだけ控えた方がよいです。

この種の食べ物は、ただでさえ皮脂腺をつまらせやすい性質を持っているからです。






posted by 美健マスター at 17:38| ●にきびに効く食べ物、にきびの改善方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。