2016年12月13日

骨粗鬆症(骨そしょう症)の予防の食べ物


骨粗鬆症(骨そしょう症)の予防の食べ物としては、骨をじょうぶに保つ、カルシウムとビタミンDの摂取が必要です。
これらの成分は、骨粗鬆症(骨そしょう症)の予防だけではなく、その進行を防ぐことができるといわれてます。

カルシウムとビタミンDが多く含まれる食品を、毎食事とるようにこころがけます。


[カルシウムが多く含まれる食品]

・牛乳、乳製品、小魚類、大豆製品、昆布、ひじき類、緑黄色野菜など


[ビタミンDが多く含まれる食品]

・干し椎茸、まいわし、うなぎ、レバーなど


それから、カルシウムが多く含まれたビスケットやウエハースなどが、最近では市販されてきましたし、カルシウムのサプリメントもたくさんでていますので、毎食事の補助食品として摂取するのも効果的です。

ただし、注意しなければならない食べ物があります。
アルコールや脂肪分の多い食品、インスタントラーメンなどのインスタント食品、塩分・炭水化物の多い食品などを大量に摂取すると、カルシウムの吸収を悪くするといわれます。


関節軟骨の重要成分はグルコサミンではない!
今すぐ確認する!







posted by 美健マスター at 18:18| ●骨粗鬆症(骨そしょう症)の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。