2016年12月02日

笑み筋体操とは


笑み筋体操とは、筑波大学の林啓子先生が世界に発表し注目を集めた研究をもとに、名古屋大学と共同で開発した体操です。

笑うと血糖値が抑えられることが実験の結果わかったそうで、毎日笑う習慣をつけてもらうための体操です。


笑いには心身の調整機能があり、笑うと体内のホルモンや免疫関連物質(リンパ球、NK細胞など)が最適な状態にリセットされるそうで、笑み筋体操は、顔面の表情筋を動きやすくするストレッチ運動です。


笑み筋体操は単に表情筋の動きを良くするだけではなくて、脳内の笑う回路を刺激して笑いやすい体質を作ることができます。



笑いに関係する顔の筋肉(笑み筋:大頬骨筋、眼輪筋、口輪筋)を手でマッサージすることにより、笑ったときと同じような心身の状態に近づけて、生活習慣病の予防やストレス解消に役立てる、簡単な健康増進方法です。


主な笑み筋は、目のまわりの眼輪筋、ほおの大頬骨筋、口の周りの口輪筋で、笑み筋体操はこれらをリズム良く動かします。


体操は5種類あります。

・笑み筋を手で横に伸ばす「のばしていい顔」

・親指と人さし指でほおの肉をまるく集めてまわす「たこやきぐりぐり」

・顔全体をこねるようにする「てこねトントン」

がよく行われます。


糖尿病が悪化したために運動療法が難しい人でも、すわったまま簡単にできるので、患者向けの糖尿病教室に取り入れる医療機関もあるそうです。



笑み筋体操の効用



笑み筋体操の効用として次のものがあげられます。

・血糖値の上昇を抑制する。
 これは原因はまだわかりませんが、実験結果から認められています。

・前向きな気持ちになることができます。

・ストレス解消。緊張緩和。

・運動療法が出来ない人でもできる。

・ダイエットにもお勧め。

その他にも、笑み筋体操の効用は、まだまだ未知の可能性が潜んでいるといわれます。



笑み筋体操の方法



笑み筋体操の方法は以下のとおりです。
 

●準備体操

 笑み筋体操をやる前に必ずやります。

 ストレッチをして体をほぐしてから、手をこすり合わせてあたため、顔に当てて顔の筋肉の緊張をほぐします。

 
●笑み筋体操
 
・たこ焼き体操

 両手の親指と人差し指で円を作り、その円で、両方のほっぺたの肉をたこ焼きのように丸くつまみます。

 それから内側にゆっくり回します。この時に大きな声で「たこ焼きたこ焼きおいしーなぁー」と言います。

 こんどは外側にも回します。最後に、指で作った円を勢いよく開いて「ぱぁっ!」といいます。


・いい顔体操

 両手のひらで、おでこを左右に引っ張りますが、その時大きな声で「いい顔ー」と言います。

 目じりやほっぺた、口、あごの筋肉の順に左右に引っ張ります。

 最後に、耳を引っ張って、「いーいーかーおっ」の「おっ」のタイミングで離します。




posted by 美健マスター at 22:44| ●美容と健康のためのエクササイズ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。