2016年11月24日

便秘の原因


便秘の原因には次のようなものがあります。

腸の一部が締め付けられ、細くなったり遮断されたりして便が動けなくなる。

麻痺により腸の蠕動ができなくなった場所で便が動けなくなる。

過度の脱水により便が硬く大きくなり、排泄されなくなる。

食物や食物繊維の摂取が不十分なため、適切な咀嚼が行われなかった。



心配事や未知の環境などによる精神的な原因の便秘。機能性の便秘、過敏性の便秘の2つがあり、腹部の不快感や痛みによって特徴付けられます。

これらは、互いに原因となる多様性があります。



便秘は腸の運動が1週間あたり3回以下となることを意味します。

大便は硬く乾燥する。

排泄にはしばしば痛みを伴い、不快感と快感を覚える。

治療には、下剤の摂取により便の排泄を試みる。早期の治療には浣腸も含まれます。



生活習慣等が原因ではなく、そもそも便秘になりやすい体質の人もいます。

S状結腸の過長等により、腸内に便の通りが著しく悪い個所が存在することが便秘の原因である場合、直腸内は既に空になっている場合があります。

この場合、薬局で市販されている浣腸では便まで薬が到達せず、排泄を促進することができません。

こういった原因で便秘になっている場合もあるため、浣腸の効果が感じられず、またひどい腹痛を伴う場合などは、一度医師に相談してみたほうがよいでしょう。



よくある誤解は、毎日便が出なければならない、とするものです。

これは実際には正しくないです。

排便の『正しい』回数は存在しませんので、各人がそれぞれ通常の排便の回数を知っておくことが必要です。

それは食物や運動などに依存します。



ほとんどの人が一回ないしそれ以上の回数、便秘となります。

多くの場合、短時間しか続かず重症にはなりませんが、便秘の原因を知ることがその予防の第一歩といえます。

(ウィキペディアほか参照)



痙攣(けいれん)性便秘について


痙攣(けいれん)性便秘は、

ストレスによって腸の緊張が高まってけいれん性の収縮をおこし、

腸の内容物の活動がさまたげられることが原因です。

左脇腹が強く痛み、便がうさぎのようにコロコロしています。

便秘のあとに下痢が起こることもあります。



痙攣(けいれん)性便秘を解消するためには、

消化の良いものをとるようにします。

繊維のかたい野菜(ごぼう、たけのこ、セロリなど)は、よく煮てから裏ごしします。

それから冷たいもの、油っこいもの、香辛料、アルコールも

とりすぎないようにしましょう。

また、フルーツでかたいものは煮るとよいです。



「ところてん方式ダイエット」便秘改善プログラム







posted by 美健マスター at 19:27| ●便秘に効くたべものや便秘を解消する方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。