2016年11月23日

まきづめ(陥入爪)について


私はまきづめで手術したことがあります。


程度がひどかったので、爪を根元から切除するというものでした。

1週間も入院しました。

程度が軽ければ手術はしなくてもよかったのでしょうが、

私の場合はひどくなっていて、

靴が履けないほどでした。



そのまきづめについて少ししらべてみました。

まきづめは現在では陥入爪ともいうようです。

陥入爪は医学的に言うと、

おもに足の母趾の爪の側縁が皮膚にくいこんで

痛みと炎症を引き起こす病気です。

以前は「巻き爪」とよんでいましたが、

現在、形成外科医のあいだで「陥入爪」という言葉が定着してきました。

そのため、巻き爪という言葉は、

爪がまるまって管状になる病気に例えられるようになりました。







ガサガサの荒れた足爪を補修する美容液ペディキュア「足爪の休日」



posted by 美健マスター at 22:56| ●まきづめ(陥入爪)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション