2017年11月25日

3分間エクササイズ(腰痛予防、腹筋、ウエスト引き締め、美尻、保温効果)


3分間エクササイズの続きです。

産経新聞2008年に掲載されていましたが、効果があるようなので、ポイントを簡単にまとめました。

 
●ハトのポーズ(腰痛予防など)


あっちにもこっちにもいい美しいポーズをします。

体を「伸ばす、引き締める、温める」の3拍子がそろっています。

続けていくと、腰痛予防にも効果が期待できます。

最初は難しいですが、あきらめないで、つづげることが大切です。

 
・左ひじの内側に左足首の甲に引っか掛けます。

 次に、頭の後ろで両手を組んで、顔を左足に向けてゆっくりと息を吐きます。

 ここまでが準備です。

 
・ハトのポーズなので、ハト胸になるように、吸う息で胸を開きながら顔を右斜め上に上げていきます。

 この姿勢で深呼吸を3回します。

 がんばれる人は、左の膝から右の膝まで、体が横向きに一直線になるようにします。

 難しい人は、腰を浮かせた状態でバランスをとっていきます。

 
・息を吐きながら、もとの姿勢にもどり、反対側も同様にします。

 1日1回左右交互にします。

 ポイントは、ハトのように胸をしっかりと開くことです。


●Vのポーズ(腹筋、ウエスト引き締め、腰痛予防など)

 
1畳スペースがあれば座ってできるポーズです。

はじめは、後ろにコロンとなってしまうかもしれませんが、やり方を覚えて、少しずつ慣れてくるとできるようになります。

1つのポーズで、腹筋、ウエスト引き締め、腰痛予防などたくさんの効果があるといわれます。

忙しい人にオススメのポーズです。

 
・両ひざを曲げた状態で床に座り、体育座りにします。

 両手は軽く床に置き、背骨をまっすぐ伸ばします。

 
・息を吐きながら、足を床から持ち上げ、両ひざを伸ばしてまっすぐにします。

 つらい人は、いきなり体を後ろに反らしすぎず、気持ち後ろに傾ける程度、目線もまっすぐ前、足は両手で抱えて少し上げる程度で十分です。

 この状態で深呼吸を20秒します。

 慣れてきたら、体の傾きを徐々に後ろにしていきます。

 目線は斜め前45度。

 手、足先までピ〜ンと伸ばしながら、この状態で深呼吸を30秒します。

 足と手がプルプルしてきたら効果が出てきている証拠です。

 
・吸う息で体を元に戻します。

 目安は1日1回行います。

 ポイントは、呼吸をやめないことです。効果が半減しますので。


●ベビークレイドル(美しいヒップラインをつくり、体を温めてくれる)

 
ベビークレイドルは、赤ちゃんをダッコするポーズです。

とても気持ちよくて、見た目以上に効果があり、美しいヒップラインをつくり、体を温めてくれる効果があります。

1畳のスペースがあれば、どこでもできるので、ちょっとしたすき間時間を使ってできるのがメリットです。

 
・床に座って、右ひじに左足の甲を引っ掛けます

 この時、右足はまっすぐ伸ばしておきます。

 左手を左ひざに引っ掛けて両手を重ねます。

 背筋を伸ばしてこの状態で深呼吸を3回します。

 そして、左足がかかっている右ひじを上下に3回。

 呼吸は息を吐きながら上に、吸いながら下にと、この上下運動をします。

 
・今度は上下ではなくて、左右にゆっくりと動かします。

 呼吸は自然に行います。

 左右の運動でヒップから左ももの側面が伸びていきます。

 
・体を元に戻して、今度は右足の甲を左ひじに引っ掛けて行います。

 目安は1日1回左右交互にやります。

 ポイントは、肘と足を押し合うように引っ掛けることです。



このエクササイズ以外にも、いいものがたくさんあります。


寝ながらぶらさがり健康器

1回5分ゴロゴロするだけで骨盤のプロの技を体感できる「福辻式 寝ながら骨盤コアキュット」

骨盤施術のプロが監修 足の内側の筋肉を使った下半身エクササイズサンダル





表情筋エクササイズグッズ

1日5分の時短エクササイズ【コアビーンズ】



posted by 美健マスター at 10:54| ●美容と健康のためのエクササイズ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。