2017年08月21日

酢タマネギで糖尿病の改善に効果あり


酢タマネギで糖尿病の改善に効果あり


ある臨床医学データによりますと、タマネギを摂ることで、糖尿病患者の8割のひとの血糖値が著しく下がったそうです。

それはたまねぎ独特のにおいのもとである硫黄成分と考えられるそうです。

というのも、この硫黄成分はインスリンの働きを高め、糖の代謝を促進するからだそうです。

それから、タマネギの摂取をやめると、血糖値が再びあがるようなので、毎日手軽に酢タマネギを摂るのが糖尿病の方にはおすすめの方法です。


たまねぎには糖尿病の血糖値を降下させるすぐれた働きがあるので、その効果を得るためには1日にたまねぎを4分の1個(約50グラム)以上とることが大切です。

酢タマネギはサラダなど食事に取り入れやすいので長く続けられます。

また、タマネギには活性酸素の働きを抑える抗酸化物質も豊富に含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。



酢タマネギで血液をサラサラに


さらに、酢タマネギには血液をサラサラにする効果もあるようです。

タマネギには血糖値を降下させる働きがあることがわかりましたが、それ以外にも、たまねぎには血液中のコレステロールの増加を防いで血栓をできにくくする働き、つまり血液をサラサラにする働きもあるそうです。

酢自体にも血液をサラサラにする働きがあるといわれますので、それらを組み合わせた酢タマネギは、高血圧の改善や血栓ができることから起きるさまざまな病気の予防に役立つようです。

さらに、たまねぎには白内障や肝臓病に効くグルタチオンという物質が含まれているので、継続してタマネギを摂取することで肝機能の改善が期待できるということです。

また、コレステロールや中性脂肪を減少させる効果もタマネギにはあるそうなので、余分な皮下脂肪を減らす働きもあり、ダイエットにも有効です。

それに、酢は新陳代謝を促進するので、酢タマネギはダイエットにも良さそうですね。



酢タマネギのつくりかた


では、その酢タマネギのつくりかたについて説明します。

酢タマネギのつくりかたはいっぱいありますが、標準的なものをのせます。


[材料]

・たまねぎ(2個)

・酢(500ml)


[つくりかた]

・たまねぎは薄皮をむいて水洗いしたあとで、水気を切ります。

・たまねぎを5ミリぐらいの厚さに切ります。

・それから瓶のなかにたまねぎを入れて、酢を注いでふたを閉めます。

 そのときに、たまねぎが酢につかるようにします。

 また、瓶は口が広くてやや大きいものが良いです(たまねぎ2個が入る程度)。

・冷暗所などで1週間から10日間程度漬けたらできあがりです。

 たべる目安として1日50グラム程度です。

 お好みで、しょうゆや鰹節などをかけてもOKです。

 サラダにまぜたりして食べてもかまいません。

 残った酢は、水で薄めて飲んだり、酢の藻のドレッシングなどに使っているひとも多いようです。



置き換えダイエット『ソイドル』というものもあるようです。


楽天リアルタイムランキング第1位獲得した大人気商品のようですが、糖尿病にも効果があるようです。

豆乳や味噌に代表される大豆メーカーのマルサンアイから発売している大豆麺で、「ソイドル」というものです。

メリットとして挙げられているポイントは3つあるようです。


●低糖質、高たんぱく質、高食物繊維


●糖質がうどんの85%オフだから糖質を気にされる方、糖質ダイエットをされている方にオススメ

 糖尿病予備軍の方は日本国民の5.7人に1人です。

 普通の麺に比べて85%オフなので気軽に麺食が食べられます。

 食物繊維はうどんの6倍、タンパク質はうどんの4倍以上

 イソフラボンは1食分あたり92r(絹ごし豆腐約1丁分)だそうですよ。


●大豆麺は多くのものに利用可能使い方自由

 ラーメン、パスタ、焼きそばなど


厚生労働省は「健康日本21」でも大豆摂取量は1日100g摂りましょうと言っています。

大豆100%麺のソイドルでは、大豆を110g摂取することができるようです。

これは、1食置き換えるだけで一日の目標数値を摂取することになります。


置き換えダイエットにチャレンジしよう、糖尿病が気になる方には、いちどトライしてみる価値は大いにありそうですね。


さらにくわしい説明はこちらのサイトからごらんください。

ソイドル




posted by 美健マスター at 11:00| ●糖尿病の改善対策方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。