2017年11月16日

がんに効く食べ物など


ガンを克服するフコイダンの効能

フコイダンはガンをなくす効能があるということで、その治療法が最も注目されています。
癌の治療法といえば、あなた自身やあなたの家族が、ガンだと宣告されたときに、どういう治療があるか思い浮かべるかと思いますが、がんの三大治療法というと、手術、抗ガン剤、放射線です。

しかし、これらのガン治療法は肉体的・精神的に負担が大きいです。
最近では、これ以外に、免疫治療というものが注目されてきました。
がんの免疫治療というものは、漢方薬や自然食、健康食品などによって、人間が本来もっている免疫力を活性化して、がん細胞を撃退しようというものです。

p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス

 
フコイダンは、医療の現場でも注目されています。
フコイダンというのは、コンブやワカメ、モズクなどの海藻類特有のヌメリ成分です。
ふだんの食生活ではなかなか摂ることのできない、硫酸化フコースや9種類のアミノ酸、ミネラル分が豊富に含まれています。
そのフコイダンがガン治療に有効な働きをすると、日本癌学会で報告されました。
 
現時点で明らかになっているフコイダンの効果・効能は13種類ほどあるそうです。
そのなかでも特筆するのが、ガンのアポトーシス作用です。
このアポトーシス作用というのは、役目を終えた細胞の自然な死のことをいいます。
がんの細胞はふつう、アポトーシスすることなく、暴走して増加していきますが、これを自滅していくように仕向ける働きがフコイダンにあると確認されています。







キャベツでガンが防げるか

キャベツというとダイエットと思われますが、キャベツには、ガンを防ぐ効果もあるそうですね。
つまり、キャベツが白血球の働きを高めて、がん細胞から体を守る免疫システムを助けるというものです。

もともと、白血球は体内に侵入してくる細菌やウイルスと闘ってそれらを死滅させたり、体内にはいってくる異物に対して抗体をつくって、私たちのからだを守る免疫の働きをしています。
ですので、がん細胞に対しても同様な作用を行いますので、白血球が正常ならば、体内にガンができても、それを取ってくれるというわけです。
すなわち、ガンの予防には、白血球の働きを常に高めておくことがとても大切だということです。

このように、白血球は非常に大事だということがわかったと思いますが、その白血球の働きを活性化させる物質が豊富に含まれているのが野菜だというわけです。
そのなかでも特にキャベツ、ナス、ダイコンなどの淡色野菜が白血球の働きを非常に活性化させるといわれているそうです。

じゃ、どのくらいのキャベツをたべればいいかというと、キャベツ半分ぐらいたべると、白血球の働きが約10倍ぐらいになるそうです。
つまり、最初に述べたあのキャベツダイエットが1日キャベツ半分たべることになるので、キャベツダイエットを行えば、同時に癌の予防もしてくれるというわけです。とってもうれしいですね。

キャベツ以外でガン予防のたべものとしてはどういうものがあるでしょうか。
野菜をたくさん食べる人はガンにかかりにくいといわれています。
特に、にんじんとかホウレンソウなどの緑黄色野菜です。
それにくらべると、キャベツなどの淡色野菜はあまり見向きされませんでしたが、白血球の観点からすると、がんの予防に大いに役立っています。

ですので、ニンジンなどの緑黄色野菜でビタミン類を豊富にとって、キャベツなどの淡色野菜で白血球の働きを高めれば、ガン予防に非常に役立つ食べ物になりますので、みなさんもぜひ実行してみてください。

癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合







らっきょうは生活習慣病だけでなく癌(ガン)にも効く

らっきょうは生活習慣病だけでなく癌(ガン)にも効くそうですね。
らっきょうが癌(がん)の発生を抑制するということですが、らっきょうというと、らっきょうキムチや島らっきょうという言葉しか思い浮かばなかったので、ほんとうに、がんや生活習慣病に効くかどうか調べてみました。

中国の漢方の古典に、らっきょうの効果について書いてありますが、それによると、らっきょうは狭心症に効くそうです。
狭心症はみなさんもご存知のように、心臓の血管が細くなって起こる病気で、狭心症が悪化すると、あの恐ろしい心筋梗塞になります。
それを予防する効果がらっきょうにあるということだそうです。
 
狭心症や心筋梗塞は、血管のなかに血栓ができて起こる病気で、その血栓ができるのを予防するのが、らっきょうだそうです。
つまり、ラッキョウには血液の流れをさらさらにして、血栓をできにくくする働きがあるのだそうです。

らっきょうをたべると口臭がするので、とても気になりますが、その点をクリアすると、らっきょうは毎日たべてもいいと思いますけれどね。
なんか、そういう、らっきょうのレシピみたいなのがあれば(口臭をださないレシピ)いいですね。

らっきょうはがんにも有効だということで、いろいろしらべてみると、らっきょうには、前述したように、血液をサラサラにして血栓をできにくくして心筋梗塞などを防止するだけでなくて、ガンにも効果を示すそうです。

マウスを使った肺がんの実験では、らっきょうには肺がんの発生を抑える働きがあるということです。
でも、はっきりしたことはまだわからないようです。
しかし、らっきょうがガンに効くという効果は、らっきょうに含まれるサポニンという成分と、イソリクエチゲニンとかいう成分によるものと考えられているようですが、まだ、そのらっきょうのガン抑制の効果については解明できていないようです。

がんに効く本

そのイソリクエチゲニンとかいう成分は、すぐれた抗酸化作用があるそうで、それが、がんの抑制に一役買っているということです。
抗酸化作用は、がんの発生原因となる活性酸素を抑えるはたらきですので、理屈としては納得できますね。
 
がんや生活習慣病の予防にすぐれたラッキョウですが、そのらっきょうを1日3個ぐらいたべると、こうした予防効果は十分期待できるそうです。
でも、らっきょうには殺菌作用が強いので、らっきょうをたべすぎると胃に悪いそうです。
 
私は、らっきょうを漬けた酢を飲むのが好きです。
意外においしいです。
でも、口臭がきになるので、らっきょうは夜にたべるようにしています。
夜は、もう外出しなくてよいので自分の健康を維持していく食べ物をとるのに最適ですね。







今あるガンが消えていく食事

今あるガンが消えていく食事という本があります。
進行がんでも有効率66.3%という奇跡としかいえないもので、
真偽のほどは、この本を読んで、実践してみないと何ともいえません。

がん患者が食事で癌を治したという体験記も5人分のっていますし、
癌が消えていく食事のレシピも5日間分あります。
現在、ご自身や家族や親戚、友人の方で癌患者の方がいらっしゃいましたら、
ぜひいちどこの本を読まれて、実践してみてはいかがでしょうか。

食事指導をした各種のガンの症例について集計結果があるのだそうですが、
それによると、食事療法の有効率は約66%ということです。
とくに、乳がんや前立腺がん、悪性リンパ腫という
ガンのなかでも食事療法が効果を示しやすいものについては
70%から75%という驚異の数字がでています。
つまり、再発を含む進行ガンでも、食事療法をきちんと行えば
6割から7割は改善して健康になる可能性があるということです。

今あるガンが消えていく食事という本を、
私自身も読みましたが、まったくのデタラメではないようです。
むしろその反対で、個人差はあるでしょうが、
何もしないよりは、ガンが消えていく食事を
あなたの大切な方にしてあげるのが良いのではないかと思います。

今あるガンが消えていく食事をみてみる



野菜ジュースで癌を少なくできるか

野菜ジュースで癌を少なくできるかどうかについて、
答えはイエスだそうです。
「今あるガンが消えていく食事」の著者によると、
癌患者の臨床試験で3分の2の癌患者さんが癌から生還できたそうです。
約6割以上の恢復というと、非常に驚異的な数字ですね。

大量の野菜ジュースや果物ジュースはガンの食事療法の要といえます。
癌を改善するためには、塩分を控えるとともに、カリウムの摂取を心がけなければならないそうです。
新鮮な野菜や果物にはカリウムが豊富に含まれているので、
それを毎日しっかり摂取することがとても重要です。

また、野菜や果物には、ポリフェノールやその一種であるフラボノイド、カロテノイド、ビタミンC、クロロフィル、葉酸などの抗酸化物質、つまり癌のもとになる活性酸素を除去してくれる成分が豊富に含まれているので、癌を抑制するために大量の野菜と果物を摂ります。

野菜ジュースで癌を少なくできるか

その抗酸化物質の成分のてかで、酵素やビタミンCなどは加熱すると多くが失われるので、できるだけ生の状態で摂るのがいいのですが、大量の野菜や果物をたべるためには、ジュースにして飲むのがとても効率的だからです。
お医者さんのなかには、大量の野菜ジュースが抗がん剤の代わりになるとおっしゃる方もいるほどです。

では、どのくらいの野菜ジュースをのめばよいかというと、
生ジュースで一日1.5リットルから2リットルぐらい飲むのが目安となるようです。
ただ、ジュースにする分を野菜料理でとってもよいのだそうですが、
それでも、毎日1リットル以上の野菜・果物ジュースは少なくとも摂るほうがよいということです。



ガンを克服する食事のポイント

ガンを克服する食事のポイントとして、壮快という雑誌にのっていたので紹介します。

・主食は玄米など、未精製の穀類がいいようです。

・週6日は原則として和食が望ましく、残り1日は好きなものを食べても良い日とします。

・アルコール、肉、卵、乳製品は極力さける。ヨーグルトはOK。

・魚は白身魚、青魚。サケ、マスはOK。

・脂肪と塩分は極力へらし、オリーブ油かゴマ油を使用する。

・おかずは、根菜、その他の野菜、きのこ、くだもの、海藻、大豆製品などで。

また、がんの予防効果が高い食材として次のものがあります。

にんにく、キャベツ、大豆、しょうが、にんじん、セロリなど。

これ以外にもありますが、とくにいまあげたものが予防効果が高いようです。

その他の野菜もたくさん摂るようにしたほうがよさそうですね。






免疫力を高める方法についての情報サイト
「ブロリコ」について詳しい資料はコチラから





posted by 美健マスター at 09:05| ●がんの予防・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。